TradeTrainer トレードトレーナー 検証 ボリンジャーバンド

【検証その5】TradeTrainer(トレードトレーナー)検証集「ボリンジャーバンド」編

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・実際の検証に関する情報が欲しい!
・安定して戦える手法について教えてほしい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「TradeTrainer(トレードトレーナー)検証集「ボリンジャーバンド」編」という記事となります
  • ボリンジャーバンドについての基本的な解説
  • ボリンジャーバンドを使った実際の検証結果について

トレードの手法構築や、実際のトレードの反省。勝てるトレーダーになるために必ずやっておくべき過去検証。この記事を見て初心者の方が勉強になれば幸いです。

 

※過去検証ソフトに「TradeTrainer(トレトレ)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 購入から最初の設定が非常に簡単にできる
  2. 初心者でもわかりやすいUI・使い勝手が良い
  3. 購入する前に体験版を使うことができる(通常版とほぼ同じ性能)
  4. 検証ツールでは珍しい「経済指標」の確認が簡単にできる
  5. 価格が29,800円の買い切り型と、検証ツールの中では特に安い

トレーダーとして成功を目指すのなら、検証を含めた勉強は本当に大切です。手法構築やトレード反省、勉強のために過去検証を始めましょう。

TradeTrainer(トレトレ)
5.00

筆者が使用している「TradeTrainer」ですが土日のトレードができない環境でも勉強できる過去検証ソフトです。使い勝手もよく初心者の方でも安心して利用できるサポート体制つき。手法構築やトレード反省など、勝てるトレーダーになるために今から勉強を始めよう。

検証集「ボリンジャーバンド」編

FXの検証ツール「TradeTrainer」ではFXのトレード手法を初心者でも分かりやすく検証することが可能です。(UIなどが見やすいなどのメリットが多い)

【使いやすい】検証ツール「TradeTrainer」を使うべきメリットについて詳しく解説します

 

それこそトレード手法は2024年現在星の数ほどありますが、

  • 実際に筆者が検証したトレード手法やインジケーター・オシレーター
  • 初心者の方におすすめできるトレード手法やインジケーター・オシレーター

について解説していきます。第5回は「ボリンジャーバンド」についてです。

ボリンジャーバンドとは?

FXにはトレンド系とオシレーター系と呼ばれる2つのテクニカル分析法があります。ボリンジャーバンドはその中でもトレンド系に属します。(順張りも逆張りもできる)

  • トレンド系は相場の傾向を読む(順張り系)
  • オシレーター系は相場の過熱感を読む(逆張り系)

 

ボリンジャーバンドはアメリカの財務アナリスト「ジョン・ボリンジャー」が作成したインジケーターです。移動平均線と標準偏差を用いて分析を行います。

  • トレンドの方向性、強さを確認することができる
  • 相場が強くなりすぎると反転の兆しを確認できる

こういった用途で使われることが多いため、トレーダーでボリンジャーバンドを使用している人は結構多い印象があります。

 

ボリンジャーバンドは「標準偏差」を用いて相場のトレンドを計ります。計算式は以下の通りです。

  1. 標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

この標準偏差の単位をσ(シグマ)を使って表し、トレードの際には2σ・3σを使うことが多いです。(計算を2倍すると2σ・3倍すると3σになる)

 

なお価格がこのボリンジャーバンド内に収まる確率もある程度予測ができます。

  • 2σ内に収まる確率=95.4%
  • 3σ内に収まる可能性=99%

つまりこのボリンジャーバンドを逸脱した価格帯の場合は、トレンドが過熱しているかトレンドが超強力であることが分かります。

ボリンジャーバンドを使うメリット

まずボリンジャーバンドを使うメリットについてですが、ボリンジャーバンドはトレンドの強弱が一目でわかるというメリットがあります。

もともと移動平均線の親戚みたいなものなので、トレンドの確認には相性が抜群と言えます。

 

加えて相場の過熱感を標準偏差からの逸脱でチェックすることができるので、突発的に相場がはねた場合は逆張りのチャンスも生まれるのが特徴です。

順張り・逆張り両方でもトレードができるのがボリンジャーバンドの強みであると言えます。

 

なおボリンジャーバンドを使う際に絶対に覚えておくべき用語が3つあるので必ず抑えましょう。

  • スクイーズ(収縮)
  • エクスパンション(拡散)
  • バンドウォーク

 

まずスクイーズ(収縮)ですが、これはボリンジャーバンドが収縮している部分を指します。収縮しているため相場の動きが弱い時期です。

ボラティリティが低いことや、レンジ相場で発生しやすいです。この時期にトレードをすると両面焼きを食らう可能性があるので注意しましょう。

 

次にエクスパンション(拡散)ですが、これはスクイーズからトレンドが形成され始めボリンジャーバンドが拡大することを指します。

トレンド形成期なので、ここからトレードをするとトレンドに乗っかることができる可能性が高いです。ここを狙えば大きく利益を獲得できるチャンスが広がります。

 

そして最後にバンドウォークですが、これはボリンジャーバンド2σや3σに沿って価格が一方向に動くことを指します。超強力なトレンドの形成です。

この時には相場に逆らうのではなく、ひたすら順張りでトレードをしましょう。バンドウォーク中は相場の流れに乗るのはそこまで難しくありません。

加えて2σや3σのバンドウォークは本当に超強力なトレンドになります。下手に逆張りすると取り返しがつかなくなるので注意しましょう。

ボリンジャーバンドを使うデメリット

一方ボリンジャーバンドを使うことのデメリットですが、だましに気を付けるべきと言うくらいです。ボリンジャーバンドがエクスパンションしても、急に逆に動くことも多々あります。

正直ダマシに関してはしょうがないので、自分にとって想定してない動きを起こしたらすぐに損切利をするようにしましょう。そうすればどうにかなります。

実際に検証した内容

ここでは実際に検証した内容の中でも、実際に使いやすいと思った手法について軽く解説していきます。初心者の方でも分かりやすく解説をしていくつもりです。

※内容は一応検証をしましたが、他の解説記事よりも信ぴょう性が低いので必ずトレーダーご自身の手で再度検証をしてからトレードを行いましょう。(検証回数100回程度)

  • ボリンジャーバンド2σ・3σの逆張り

ボリンジャーバンド2σ・3σの逆張り

筆者はバンドウォークに関してはあまり信用していません。トレンドが強く形成されているかどうかを判断するのであればボリンジャーバンドよりも普段使い慣れている手法を使います。

 

しかし標準偏差を使った理論的な逆張りチャンスを確認するなら、ボリンジャーバンドは一番使いやすいと感じています。筆者の検証したトレードスタイルは以下の通りです。

  1. ボリンジャーバンド2σから逸脱した状態の時間足確定で逆張りエントリー
  2. ボリンジャーバンド3σから逸脱してひげを形成した瞬間に逆張りエントリー

ボリンジャーバンド2σでは数値が確定してからエントリーをしますが、ボリンジャーバンド3σであれば逸脱確率が低いのでひげ形成時で即エントリーをします。

 

損切りは直近高値・安値を超えた状態で実体が確定した場合です。実体が確定していない場合はそのまま損切りをしてはいけないので注意です。

利確は2段階に分けて行います。安全策とリスク策の2種類を取るようにしています。

  • 安全策は移動平均線(21MA)に接触
  • リスク策は逆側のボリンジャーバンド2σに接触

安全策でもリスクリワード2以上取れますし、リスク策だと勝率が低くても1回の利益が多く取れるので結果的に収益性は高いと判断しています。

 

※なおボリンジャーは2σよりも3σの方が整合性が高いですが、その分エントリータイミングは少ないです。1日1回あればいい方だと考えて下さい。

FX検証するならTradeTrainer

FXの検証をする際は、良い検証ツールを使うことが大事です。使いやすい検証ツールを用いる他、有料・無料で性能差がある場合も。

私が使っている有料検証ツールは「TradeTrainer」です。ストラテジーテスターを用いた検証ツールではないため、チャートの巻き戻しや途中保存が可能です。

加えて他の検証ツールにはないメリットを数多く兼ね備えており

  • MT4のインジケーターを表示可能
  • ヒストリカルデータは無料
  • 他通貨ペアとの検証(相関比較)が可能
  • 経済指標の表示可能
  • トレード結果の出力(HTML・Excel)が可能

ができるのが特徴です。普段無料の検証ツールを使っていた筆者からすれば、こんなに使い勝手が良かったのかと思うばかりでした。

 

FXの検証ツールとして有名なのはForexTester4があるかと思いますが、正直この商品よりも使い勝手はかなりいいと思っています。

加えてForexTesterは32000円(通常価格)ですが、TradeTrainerはヒストリカルデータなどを標準搭載で29800円。買ったらすぐ使えるのはありがたい。

 

上記のメリットのように、TradeTrainerだけの機能(ヒストリカルデータ標準搭載・重要指標確認システム)もあるので本当に使いやすいです。

もし本気でFXトレードを成長させたいと思っているのであれば、有料検証ツールを検討するのも1つです。

 

※ちなみにこのTradeTrainer、無料版も搭載されています。使用回数は有限ですが有料版と変わらない使い勝手なのでまずは無料で試してみましょう。

まとめ

今回は「TradeTrainer(トレードトレーナー)検証集「ボリンジャーバンド」」について徹底解説しました。

  • ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を用いたツール
  • トレンドを可視化できるというのがマジでおすすめ

トレードの手法構築や、実際のトレードの反省。勝てるトレーダーになるために必ずやっておくべき過去検証。この記事を見て初心者の方が勉強になれば幸いです。

 

↓検証に関する解説記事はこちらから↓

  1. 過去検証の具体的なやり方について
  2. 過去検証の目的について 過去検証が意味ないと感じる人へ
  3. 過去検証で気を付けたい失敗パターンについて
  4. 過去検証で必要な検証期間 過去検証で必要なトレード回数

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※過去検証ソフトに「TradeTrainer(トレトレ)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 購入から最初の設定が非常に簡単にできる
  2. 初心者でもわかりやすいUI・使い勝手が良い
  3. 購入する前に体験版を使うことができる(通常版とほぼ同じ性能)
  4. 検証ツールでは珍しい「経済指標」の確認が簡単にできる
  5. 価格が29,800円の買い切り型と、検証ツールの中では特に安い

トレーダーとして成功を目指すのなら、検証を含めた勉強は本当に大切です。手法構築やトレード反省、勉強のために過去検証を始めましょう。

TradeTrainer(トレトレ)
5.00

筆者が使用している「TradeTrainer」ですが土日のトレードができない環境でも勉強できる過去検証ソフトです。使い勝手もよく初心者の方でも安心して利用できるサポート体制つき。手法構築やトレード反省など、勝てるトレーダーになるために今から勉強を始めよう。

スポンサーリンク
TradeTrainer トレードトレーナー 検証 ボリンジャーバンド
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: