【ボルダリング】ボルダリングのグレードについて徹底解説します!【中級者向け】

↓ぜひポチっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ボルダリングへ

 

この記事を読むことで

みりん
・4級や3級について詳しく学んでみたい!
・どうすれば登れるようになるのかを知りたい!
・ムーブやトレーニングについても学んでみたい!
という悩みを解決します!

ボルダリングブログ「ゼロクラ」をご覧いただきありがとうございます!

このブログを運営していますみりん@allout_happyです。

本記事は「ボルダリングのグレードを徹底解説してみた」記事になります。

 

今回は中級者向けということで、グレード帯に幅のある4級・3級を解説します。

最もボルダリングが楽しい時期であり、最もボルダリングに壁を感じる時期。

しっかり登れるようになるためにも、ぜひとも勉強していきましょう!!!

 

※グレード全体を詳しく解説した記事はこちらから

【実際に経験】ボルダリングのグレードを徹底解説してみた【現三段クライマー】

 

この記事で取り上げていくのは主に

  • ボルダリング4級の特徴って何だろう?
  • ボルダリング3級の特徴って何だろう?
  • どうすればこのグレードを登れるようになるのだろう?

について解説していきます。

 

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

 

※この記事の内容をより細かくチェックしたい方は以下の記事をご覧ください!

【これができれば】ボルダリング4級を簡単に登るための5つのステップ【中級者入門】

スポンサーリンク

ボルダリング中級者向けのグレードを解説!

という訳でここからはボルダリンググレードの解説に入ります。

先日の更新記事で8級~5級までのグレードについては紹介させていただきました。

 

今回は「中級者向け」として4級・3級の攻略記事になります。

2級以上の攻略・解説記事についてはまた後日更新していきますのでお待ちください!

4級 ボルダリング経験3か月~6か月【中級者入門】

ボルダリングで4級というと完全に中級者のレベルになります。祝初心者卒業!

このあたりから上達のスピードもだんだん遅くなってくるころ…。

この時間をいかに素早く乗り越えるかどうかが課題になります。全力出していこう!

 

具体的な難易度の特徴として大きく3つのポイントがあげられます。

  • 核心部分が5級よりも持ちにくくなる・遠くなる。
  • 簡単なランジ・ダブルダイノが必要な課題が登場する。
  • ヒールフック・トゥフックが必要な場面が多くなる。

 

まず1つ目の「核心部分が5級よりも持ちにくくなる・遠くなる」という点。

今までは感覚で言えば「両手を伸ばさなくてもある程度取れる位置」にありますが…

4級から「両手をしっかり伸ばさなければ取れないホールド」が登場します。

 

つまり強引に体を動かして取ることができません。体の可動域を考える必要性が出てきます。

当然ですがホールドの持ち感も非常に悪いです。普通に持てないホールドもあります。

 

持てないホールドを何とかして保持する必要性が出てくるわけですが…。

とにかく意識することは「体の向きと体重のかけ方」の2つです。

 

例えばピンチホールド。正面から挟み込もうとすると保持力がかなり必要です。

しかし体重を横から掛けることでガバホールド並みに持てる可能性が出てきます。

意識してホールドを持つ。意識して足の置き場を考えるようにしていきましょう!

 

次に「ランジ・ダブルダイノが必要な課題が出てくる」という点。

ボルダリングの花形と呼ばれる飛びつく系の課題。大体4級位の難易度から登場!!!

 

なのでこのあたりから特殊なムーブを練習していく必要性が出てくるわけです。

ランジやダブルダイノが出来るようになるためには、とにかく練習あるのみです。

上記のムーブを使う課題を見つけられたら積極的に触っていきましょう!

 

同じくヒールフックやトゥフックなどのムーブを多用するのもこのあたりの難易度から。

このムーブは他のスポーツでは使わない技術なので、初心者は面食らうことが多いです。

 

加えて、5級までは腕の力があればある程度どうにかなるような課題が多かったです。

ですがここからは腕の力だけでは登れないような課題がどんどん出てきます。

 

だからつま先やかかとをかけて体重を支えたり、体が回転しないようにする技術が必要!

練習方法としてはとにかくホールドのくぼみに足をかけられるように意識するだけです。

 

正直ヒールフックやトゥフックは練習しまくっていればいつかできるようになります。

練習方法というよりもトレーニングしていれば体が勝手に覚えるものです(笑)。

ですがそれだけだと時間がかかりすぎるので…。登るときにしっかり意識しましょう。

スポンサーリンク

3級 ボルダリング経験約1年前後 【中級者卒業】

自分の考えですがボルダリングが最も楽しい時期及び最も楽しい課題が3級と思います。

ボルダリングの要素がすべて詰まっている課題が3級です。これ以上は正直しんどい…。

 

なのでエンジョイ勢や、普段の運動として取り入れたいという人はここまででもOK。

3級が登れるようになるころには十分な運動強度を確保できていると思います。

逆にもっと上を目指したいというのであれば、ぜひ上級者編も見ていってください!

 

3級の特徴を4級と比較して説明していくと

  • 身長が172cmのみりんが両手を伸ばしても届かないホールドが出てくる
  • ランジやダブルダイノなのにスローパーやカチに飛ぶ必要がある
  • 4級より薄いホールドにヒールをかける必要が出てくる(ホールドが薄いほど難)

という感じです。4級の完全上位互換が3級です。

 

さらに3級からメインとして出てくる新要素として挙げられるのが

  • コーディネーション

と呼ばれるムーブです。ちなみにこれ以上新ムーブはほとんど出てきません。

 

今まで取り上げてきた

  1. ダイアゴナル
  2. ヒールフック
  3. トゥフック
  4. ランジ
  5. ダブルダイノ
  6. コーディネーション

が出来るようになれば初段・二段くらいまでは何とかなります。

※一部例外あり(サイファームーブなど)

 

さてコーディネーションですが、基本的には壁を走るムーブが多いです。

大体4~5メートルくらい離れているホールドを取るために、足場を走る必要があります。

そのため壁を走っているように見えることが多く、インスタ映えを狙えるような課題です。

 

ですが当然のことながらランジ・ダブルダイノよりも難易度は飛躍的に上がります。

縦に移動するよりも横に移動するほうが難易度は高いんですね…。これがきつい。

 

練習方法についてですが、「とにかく3歩走れるようになる」ことが重要です。

というのもコーディネーション系の課題は大体3歩で次のホールドに届きます。

(もちろん2段とかになると5歩とか走らせます…。無理です(笑))

 

つまり「右⇒左⇒右⇒ホールド」か「左⇒右⇒左⇒ホールド」の動きしかありません。

まずはこの3歩を歩ける・走れるようになることが先決です。それ以外はいったん置いとく。

大体コーディネーション系課題は垂壁に多いので積極的に触ってみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「ボルダリングのグレードについて」焦点を当ててみました。

今後ボルダリングを始める方への参考になればうれしく思います!!!

 

これからボルダリングを始めようとする方はこちらの記事もどうぞ!

【恥ずかしくなんてない】ボルダリング初心者のあなたに伝えたいこと

【これで解決】ボルダリング初心者が筋肉痛を減らすためのたった3つの方法

【初心者必見】ボルダリング初心者がまず揃えたい道具5選【クライミング】

 

グレードについて解説している記事はこちらから

【実際に経験】ボルダリングのグレードを徹底解説してみた【現三段クライマー】

\他のボルダリング記事もぜひチェックしてみて下さい!/

ボルダリングをするあなたにおすすめしたい



ボルダリング前の筋分解防止・ボルダリング後の筋肉修復・翌日の疲労回復のために

  • プロテイン
  • BCAA・EAA
  • その他タンパク質含有量が多い商品

を購入しようと検討している方。ぜひマイプロテインを検討してみませんか?

 

マイプロテインは老若男女問わず多くの人々から支持を得ています。その理由は

  1. 圧倒的コスパの高さ(inpactホエイプロテインなら1kg3000円程度)
  2. 安心安全・高品質を実現(厳しい審査基準をクリアしている)
  3. サプリメント系の取り扱いもしている
  4. フレーバーの種類があり得ないくらい多い(プロテインは60種類程度)
  5. ビーガングルテンフリーの方にも対応していて安心設計

 

ちなみに現在みりんは

  1. Impactホエイプロテイン(ナチュラルチョコレート味)
  2. impactEAA(ゆず味)

の2つを愛用しています。

 

またマイプロテインは給料日やぞろ目の日にセールを行っています。

割引率は商品やその日程によって大きく異なりますが、最大70%引きになることも。

  • これからボルダリングを始めようとしている人
  • 安値のプロテインを探している人

こういった方はぜひ公式ページをチェックしてみて下さい!



またプロテイン業界の新星として、Naturecan(ネイチャーカン)もおすすめ。

サプリメントはマイプロテインよりも「かゆい所に手が届く」イメージでしょうか?

 

またこのネイチャーカンはサステイナブルかつ倫理的な方法で商品を製造しています。

  • カーボンニュートラルに向けた活動と取り組み
  • 1回の注文で1本の木を植樹する
  • 認証されたオーガニック原材料を使用
  • ワールド・ランド・トラストに寄付

こういった企業理念を自分はすごい大切だと思い、今後も応援をしていく所存です。

ボルダリングにかけるお金を稼ぐために…。

ボルダリングをこれから始めようとする方~すでに始めている皆さん。ボルダリングライフ楽しんでいますか?

ボルダリングは初期費用が比較的安価ではありますが、それでも

  • ボルダリングシューズ代 約20000円弱(1年~1年半くらいで買い替え)
  • ボルダリングチョーク代 約5000円位(液体・粉チョーク両方・大体3か月~半年くらいで買い替え)
  • ボルダリングウェア代  ピンキリ(ノースフェイスとかマムートだと高め)
  • ボルダリングジム利用料 1回につき2000円前後(年だと15万円位)

と、利用料がメインですがなかなかの出費がかさむ結果となっています。

 

大体月に10000円前後かかると思いますが、この1万円を毎月副収入で得ることができれば…。

ボルダリングにかける金額を気にせず、心から楽しんで登れると思いませんか?

 

みりんはボルダリング代について、全て副業から得られる収入で賄っています。

  • ブログ(月に数千円程度~良くて1万円)
  • 海外FX(月3万円目標。現在達成継続中)
  • BO(バイナリーオプション・月1万円目標。資金に余裕があれば実施)

という感じです。この中でボルダリングをやる皆さんが挑戦するべきなのはずばり、海外FXと言えます。

 

皆さんは「FX」という言葉を聞くと「怖い・借金がかさむ・有り金全部溶かした」というマイナスイメージを持たれますか?

確かにFXは難易度が高いとされている副業の1つで、実際に借金を負うリスクがある取引所もあります。

ただし、それは「日本FX」の話。実は海外FXでの借金を負う可能性は0に近いのです。(100%ではないので注意。)

 

海外FXでは「ゼロカット制度」を導入しており、ほぼ100%に近い確率で原資以上の損失は取引会社が対応してくれます。

仮に1万円入金して取引をすれば、1万円以上の損失が発生した場合は全て会社が補填します。

リスクを限定的にしつつ、利益を獲得することが可能である!
ということが可能になります。FX=怖いと考えている人はぜひ海外FXを検討してみませんか?

 

※別に多額の金額を動かす必要はありません。月1万円でも稼げれば初めのうちは御の字です。逆に人生を変えようとして生活費を投入するなどの行為は絶対に避けた方がいいです。

 

ちなみに中の人の実績についてですが

  • 海外FXのExness・XMを使用し、月に3万円程度の収益を安定して稼ぐ
  • 2022年度年間収支ギリ+。実績ではないが2021までFXで大損をする…。

億トレーダーってわけではないですが、月の収益5万円程度であれば経験はたくさんあります。

 

正直言ってFX=危険という考え方はナンセンスです。本業がある社会人であればリスクをコントロールすれば問題ないです。

FXに対して夢を持たず、ほんの少しの収益で満足できるような生活水準を維持することが最も大事なことをみんな知りません。

無茶をせず、リスクを可能な限り減らし、利益だけを追い詰めていく海外FXに挑戦してみましょう!

 

  1. 本業できちんと働き、生活費を稼ぐ
  2. 余剰資金を用意し、少額で取引を行う
  3. 利益を少しづつ出せるようになっていく
  4. 生活費を上げることなく、お金の価値をはき違えないようにする

まずは月1万円からの副業を目指して頑張っていきましょう。

 

以下参考記事になります。

 

※もしFXを始めたいというのであればみりんはExnessを推奨しています。

Exnessで口座開設はこちらから

 

(ついでにTalitariに紐づけをしておいてキャッシュバックを受け取りましょう!)

【保持すればOK】ExnessスキャルピングとTaritaliの相性が最高な件

 

BOに関しても記事を鋭意製作しております!

 

現在ハイローオーストラリアでは、口座開設で5000円分の取引ボーナスを獲得できます!

Rewards - Inline banner

 

※初心者であればお金のかからないデモトレードから始めることをおすすめします。

  1. 取引手法の作成など、練習をする場合に最適
  2. 登録だけであればお金がかかることもないので安心
  3. 実戦に挑戦する際にはキャッシュバック5000円ももらえる!

デモトレードであればお金がかかる心配もありませんので、安心して取引が可能です。

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: