Fintokei フィントケイ 始め方 メリット プロップトレード

Fintokei(フィントケイ)について徹底解説!仕組みやメリット・始め方について

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・最近話題になっているFintokeiについて知りたい!
・Fintokeiを使うメリットなどについて教えてほしい!
・Fintokeiの始め方について詳しく知りたい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)について徹底解説!仕組みやメリット・始め方について」という記事となります
  • Fintokei(フィントケイ)について(概要)
  • Fintokei(フィントケイ)のメリット
  • Fintokei(フィントケイ)の始め方

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

Fintokei(フィントケイ)とは?

2023年秋ごろから日本市場に台頭してきた、プロップトレーディング会社のFintokei(フィントケイ)。会社自体の詳しい内容について知っている方は多くない印象です。

当記事ではプロップトレードという点からFintokeiを使うメリット、Fintokeiの始め方などについて詳しく解説していくので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

Fintokeiは「トレーダーとしての資質がある人を発掘・地球上のすべての人がプロトレーダーとして公正に取引ができる環境の構築」を運営方針として

  • 初心者や経験者がスキルを磨くための学習ツールの提供
  • Fintokeiのプロップトレーダーとなるための「Fintokeiチャレンジ」の提供

を2本の軸として運営を行い、2023年の秋ごろから日本市場の中でも話題になりました。

※なおFintokeiのトレード環境は教育を主においているため全てデモトレード環境になります。

 

Fintokeiのチャレンジをクリアすることで、Fintokeiのプロップトレーダーとなることができます。その結果最大で5000万円の資金口座が提供される上

  • 発生した利益の80%を報酬として受け取れる
  • 取引で発生した損失は全て会社負担

と言う状況でトレードを行うことができるようになります。(トレード成績が悪化すると資格剥奪されることもあるので注意が必要。)

 

またFintokeiのチャレンジをクリアした人は、プロトレーダーとしての認定を受けることができトレードのスキルの証明になります。

当然日本市場に参戦していることもあり、日本語のサポートも充実しているのも高評価です。

プロップトレードとは?

次に日本市場でまだなじみが薄いプロップトレードという仕組みについて解説をしていきます。

プロップトレードはプロップファームという「会社の自己資金だけを用いてトレードをするディーリングの会社」でトレードを行うことを指します。

Fintokeiは日本市場で認知の無かったプロップファームとして2023年1月から日本市場に参戦しました。合わせてトレーダーの養成をする人材発掘事業も同時に行っています。

 

プロップトレードは一般的なトレーダーのように資金を用いてトレードを行いますが

  • 会社の資金なので資金量が圧倒的に多い
  • 機関投資家ではできないスキャルピングなどのトレードも可能
  • 投機的トレードも投資的トレードも両方できる

といったメリットがあります。運用資金が多い(最大5000万)ことで一般トレーダーが用意できない金額でトレードが行えるため、利益が多く狙えるのも特徴です。

 

つまりプロップトレードは

  • トレーダーは個人では用意できない資金量で利益を狙える+リスクは限定的
  • Fintokeiは優良なトレーダーにトレードをしてもらい取引手数料で資金を増やせる

という両者にメリットのある特殊なトレード環境であると言えるでしょう。

 Fintokeiの公式ページはこちらから

Fintokeiを使うメリット

それでは実際にFintokeiを使用するメリットについて解説していきます。FX初心者~FX経験者までそれぞれにメリットが多いのがFintokeiです。

  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー達成までの時間制限なし
  6. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能

最大で5000万円の資金を動かすことが可能

引用:Fintokei公式ページより一部引用

Fintokeiは5種類の運用資金口座を提供しており、最大で5000万円の運用資金口座を提供しています。(Fintokeiチャレンジに合格することが必須)

運営資金が多ければ多いほど我々トレーダーは大きな利益を追求することができる上、最小の200万円口座でも運用を続けていけば大きい利益を狙うこともできます。

加えて1人のトレーダーに対して5000万円の運用口座を提供しているというのは、それだけ資金力がありFintokeiの信用性が高いということにもつながります。

 

ちなみにプロトレーダーへの挑戦を達成すると、お祝い金として購入した金額と同額分の資金をプレゼントされるので、プロトレーダーになればコスト0でトレードが可能です。

全てのチャレンジで昇格後の旨を記載しています。成功さえさせればリスク0なのは強いです。

 

※ただし5000万円の資金口座を獲得するチャレンジには24万円ほどかかるので、初心者の方は一番安いプランから始めることをおすすめします。

後述する無料トライアルから始めてもいいでしょう。達成できるかどうかを判断してからでOKです。

リスクを限定的にしてトレードができる

Fintokeiはリスクを限定的にしてトレードをすることができます。必要なリスクは資金口座購入にかかる費用だけ。21800円からトレーダーへの挑戦権を獲得できます。

※現在当ブログでは購入代金10%OFFのクーポンを配布しています。詳しくは下にある「Fintokei」の始め方からチェックしてください!

 

またFintokeiチャレンジに挑戦している際に発生してしまった損失は全てFintokei側が補償してくれるので我々トレーダーが損失を払う必要はありません。

別の海外FXを使って自己資金でトレードをする場合は、ゼロカット以外のリスクは全て自分で背負う必要があります。

今持っている資金が少ない方や、少額からトレードに挑戦したい方はFintokeiを選ぶのも1つの選択肢と言えるでしょう。

利益分配率80%

Fintokeiはプロップトレーダーに対する利益分配率が高く、プロトレーダーに認定されればそれ以降の取引で発生する利益の80%を取得できます。

利益分配率はプロップファームによって異なりますが、大体50%くらいであることが多くFintokeiの80%は高水準であると言えるでしょう。

トレーダーに対する還元の姿勢が見て取れます。

プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的

実際Fintokeiで報酬を獲得できるようになるためにはプロトレーダーになる必要がありますが、その達成難易度は筆者の感覚からすると「やや優しい~平均的」です。

初心者であればコツコツトレードをしていけば達成できる難易度ですし、おそらくトレードである程度稼げるようになっている中級者以上なら達成は容易です。

 

Fintokeiチャレンジは2段階のステージに分かれており

  1. 原資の8%の利益を達成する(5000万なら⇒5400万を達成する)
  2. 8%増加後の金額からさらに5%の利益を達成する(5400万⇒5670万)

この上記2段階を突破することができれば、晴れて報酬を受け取れるプロトレーダーとなります。

※失敗条件は「1日の損失額が原資全体の5%を超える・チャレンジ中に原資の10%の損失・指標時のトレード・30日トレードしない」こと。

プロトレーダー達成までの時間制限なし

Fintokeiは今までプロトレーダーまでの達成日数を規定していました。(先述するステージ1は30日以内・ステージ2は60日以内)

しかし2023年度の秋に上方修正が入り、達成までの時間制限がなしになりました。

  • トレードチャンスを徹底的に待つことができる
  • 初心者の方でも勝ちやすいタイミングでトレードできる
  • 時間に追われることなく自分のペースで達成を目指せる

といったメリットが増大する修正となりました。

プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能

Fintokeiはプロトレーダーへの挑戦をしなくてもプロップトレーダーになることは可能です。

  • プロトレーダーを目指したいけど達成が難しそうと考えている人
  • 既にトレードの地力はあるからプロトレーダー達成のプロセスを除外したい人

こういった方は「速攻プロプラン(SwiftTrader)」を用いてプロップトレーダーになりましょう。

 

※ただし上記の速攻プロプランは

  • 運用資金は最大500万円に制限
  • 利益分配率は50%に制限
  • ※1日の損失率に制限はなし(全体の損失率は10%)

という特殊な環境になりますので、特別な理由がない場合は通常のFintokei挑戦プランを使うことをおすすめします。

Fintokeiの始め方

それでは実際にFintokeiの始め方について解説していきます。登録自体は5分あればできますし、取引口座開設も10分あればできるのでサクッと登録しちゃいましょう!

  1. Fintokei公式ページにアクセスする
  2. Fintokeiでマイページを開設する
  3. Fintokeiで資金口座を開設する
  4. MT4・MT5をダウンロードする
  5. メールからIDとパスワードを確認する

 

まずFintokeiの公式ページにアクセスします。以下の画像のように右上にある「ログイン」の部分をクリックしてマイページの作成に移ります。

 

ログインをクリックすると、新規アカウントの開設ができるようになります。

左の画像の部分をクリックすると、右の画像が表示されるので

  • 氏名(クレジットカードと同じ名前)
  • ユーザー名(ニックネームのようなもの)
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住国
  • 作りたいトライアル口座(何でもOK)

上記の6項目を入力して、アカウントを作成します。アカウント作成後はそのままログインができるようになるのでログインを行いましょう。

 

マイページにログインができるようになったら、画像にある「プラン購入」をクリックします。

プラン購入画面ではそれぞれの項目で

  • ご購入タイプ(Protrader)
  • 通貨(JPY)
  • プラットフォーム(MT4・MT5)
  • チャレンジの選択
  • 個人情報(住所・氏名)
  • クーポンコード

を入力して支払いの手続きをします。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

 

※ぼかしは全てプライバシー部分なのでご了承下さい。

 

支払いはVISA・mastercardの2強ブランドが使えるほか、ApplePay・GooglePayの両方が使用できます。銀行送金はできないのでご注意ください。

 

ここまで完了したら、次に対応するプラットフォームのダウンロードをします。

マイページ上部にあるダウンロードをクリックして、必要なプラットフォームを選択します。

 

ダウンロードが完了すると、登録したメールアドレスに購入したチャレンジ口座へのログインID・パスワードが発行されるので、それをチェックしてログインしましょう。

※ログイン情報はぼかしていますがご了承ください。

これでFintokeiへのチャレンジに挑戦できるようになります。お疲れさまでした!

初心者は無料トライアルからでもOK

初心者でいきなりお金をかけるのは不安という方は、上記の無料トライアルだけで挑戦するのもOKです。実際の環境でトレードの練習ができます。

  • 条件は同じだが最大2週間までのトレードが可能
  • チャレンジ失敗しても3回まではトライアル口座を開設することが可能

2週間で達成するのは至難の業ですが、MT4やMT5などを使ってみたりトレードの感覚を調べてみるのがおすすめです。行けそうと判断したら最安のものからチャレンジしてみましょう!

 

無料トライアルはアカウント開設時についてきた口座を使えばOKです。チャレンジ口座を購入しなければ全てトライアル口座になるのでご安心下さい!

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)について徹底解説!仕組みやメリット・始め方について」という記事でした。

  • Fintokeiは日本市場でプロップトレーダーを育成する先駆けとなる運営会社
  • 条件達成でFintokeiのプロップトレーダーになることができる(最大で5000万円の資金を運用することが可能)
  • 条件達成の難易度はやや優しい~平均的な難易度

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
Fintokei フィントケイ 始め方 メリット プロップトレード
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: