【注意事項】Fintokei(フィントケイ)で禁止されている取引について徹底解説します!

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・Fintokeiのトレードで注意するべきことはある?
・禁止されているトレード手法について教えてほしい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)で禁止されている取引について徹底解説」という記事となります
  • Fintokeiで禁止されているトレード手法について
  • 上記内容の具体的な解説

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

Fintokei(フィントケイ)で禁止されている取引

現在Fintokeiで禁止されているトレード手法は以下の通りです。(今後追記・削除あるかも)

  • 他人のシグナルや取引のコピー
  • マーチンゲール
  • ティックスキャルピング
  • アービトラージ系トレード全般

一番上については「他人のトレードを意図的にパクるな」と言うことなので、当記事では他の3つの禁止事項について解説していきます。

最悪の場合口座没収の可能性がありますのでご注意ください。

マーチンゲール法

マーチンゲール法はカジノとかギャンブルとかで聞いたことがあるかもしれません。トレードに負けたときに資金量を2倍にしていく手法のことです。

例えば1万円から始めてトレードで負けてしまった場合、次は2万円でトレードを行うというように原資を倍々にしていくのがこの手法です。

利益を2倍以上にすることができるトレードであれば、いつか勝ったときに今までの負債を全て取り返せるだろうという考えですね。

 

ただこの手法には大きな欠陥があり

  • 連敗し続けると最終的に破綻する

と言うこと。1万円からスタートしたとしても10連敗したらその時の必要原資は1024万円。10連敗する確率は1024分の1ですが、FXは確率だけでは測れません。

 

利確のタイミングや原資の2倍以上にならないと利確できないという点から、必然的にトレードもアグレッシブでなくてはならず、加えてかなりの勝率を要求されます。

Fintokeiではこのトレード手法を禁止していますが、自己資本を用いてトレードをする通常の海外FXでもあまりおすすめできないトレード手法です。

ティックスキャルピング

ティックスキャルピングは簡単に言えば「秒スキャ」のことです。数秒単位でトレードを完結させる場合このティックスキャルピングに当てはまります。

フルレバレッジで限界までポジションを張ったうえで、ほんの少しの利益を取るようなトレードはFintokeiでは推奨されていないということです。

一方公式見解では「30秒以上のポジション保持」は通常のスキャルピングとして対応されるとのことです。あまりにも早すぎる利確は規定に引っかかるかもなので注意しましょう。

公式見解

筆者がティックスキャルピングについて無知だったので、公式に質問した際の回答です。

アービトラージ

アービトラージは「サヤ取り」と呼ばれることもある取引手法で、同じ商品に発生する微妙な価格差を狙ってトレードをします。

  • 割安な方は買いエントリー
  • 割高な方は売りエントリー

を行い、その後両者の価格差が無くなった瞬間にポジションを閉じることで利益を獲得します。仮想通貨では現在でも積極的に行われる取引手法の1つではあります。

レイテンシー・アービトラージ

いわゆる「業者間アービトラージ」と呼ばれるもので、業者間で異なる価格更新の遅延を狙った手法です。システムの穴をつくため合法ですが難易度は極めて高いです。

現在は業者間のスプレッドの差や遅延発生を可能な限り減らす努力が進められているため、業者間で目に見えてわかるほどの値動きの遅延がある会社は無いと言っていいでしょう。

ただし見つけることができれば大きな利益を狙える手法であるとも言えます。(正確にトレードが完了すれば100%負けないトレード手法であると言える。)

両建てアービトラージ

両建てを用いたアービトラージも、2つの業者を使って行うものです。先述したレイテンシー・アービトラージよりも簡単に行うことができます。

こちらに関してもFintokeiでは禁止されているのでご注意ください。(同一口座での通常通りの両建てであれば問題ありません。)

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)で禁止されている取引」について徹底解説しました。

  • Fintokeiチャレンジで禁止されている事項があるので注意
  • ティックスキャルピングとアービトラージはほぼNG

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: