Fintokei フィントケイ チャレンジ ルール

【利益8%】Fintokei(フィントケイ)チャレンジのルールについて徹底解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・Fintokeiチャレンジのルールについて知りたい!
・実際チャレンジの難易度ってどれくらいなの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)チャレンジのルールについて徹底解説」という記事となります
  • Fintokeiチャレンジの概要・ルールについて
  • 筆者が考えるFintokeiチャレンジ成功の難易度について

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

Fintokei(フィントケイ)チャレンジのルール

Fintokei フィントケイ チャレンジ ルール

FintokeiではFintokeiチャレンジと呼ばれるプロトレーダーへの認定試験があり、このチャレンジを突破することで晴れてプロップトレーダーになることができます。

プロップトレーダーになることで、最大5000万円の取引資金口座を獲得することができ大口投資の安心感やトレード感を楽しむことができます。

 

今回はこのチャレンジのルールや具体的な難易度について解説をしています。今後Fintokeiに挑戦したいと考えている方はこの記事を参考にしてみて下さい!

  1. チャレンジは3段階(実質2段階)
  2. チャレンジ達成難易度はやや優しい~平均的である理由

チャレンジは全3段階(実質2段階)

Fintokeiのチャレンジは全3段階に分かれています。ステップ2をクリアすることでプロトレーダーの認定を受けることができるので実質2段階です。(プロトレーダーの資格剥奪はあり)

それぞれのチャレンジの難易度などについて各項目で解説していくので、必ずチェックしましょう。

ステップ1(難易度やや優しい~普通)

引用:Fintokei公式「FAQ」より一部引用

ステップ1は最初の関門です。難易度に関してはやや優しい~普通くらいの難易度になります。

まずステップ1の突破条件ですが。画像の青線で記載されている

  • 初期残高を基準に8%以上の利益を上げる
  • 最低3日間トレードする(少なくとも1つのポジションがオープンされた日×3)

を達成することでステップ1は突破となります。Fintokeiで一番使われているサファイア(2000万口座)であれば、+160万を達成すればクリアです。

 

一方ステップ1の失敗条件ですが、画像の赤線で記載されている

  • 1日の損失率が5%を超える(毎日朝7時の原資が基準となる)
  • 全取引の損失率が10%を超える(初期原資が基準)
  • 経済指標前後2分までにポジションをオープン・クローズする(6回目で失格)

という条件をどれか1つ満たした時点で失格となります。先述したサファイアであれば「1日に100万損失(変動あり)・原資1800万以下」を起こした時点で失格です。

また損失率は含み損を含むため、この場合1日の含み損が100万円を超えた瞬間チャレンジは強制終了されるのでご注意ください。

 

失格した場合、チャレンジ代金は全額没収となり再挑戦する際は同額を支払う必要があります。

ステップ1がチャレンジの中で一番難しいので、ここを突破できるかどうかがトレーダーの地力を問われると言ってもいいでしょう。

ステップ2(難易度優しい~やや優しい)

引用:Fintokei公式「FAQ」より一部引用

ステップ2は最後の関門です。難易度に関しては優しい~やや優しいくらいの難易度になります。ここを突破すればプロトレーダーなので落ち着いてトレードしましょう。

まずステップ2の突破条件ですが。画像の青線で記載されている

  • 初期残高を基準に5%以上の利益を上げる
  • 最低3日間トレードする(少なくとも1つのポジションがオープンされた日×3)

を達成することでステップ1は突破となります。Fintokeiで一番使われているサファイア(2000万口座)であれば、+100万を達成すればクリアです。

 

一方ステップ2の失敗条件ですが、画像の赤線で記載されている

  • 1日の損失率が5%を超える(毎日朝7時の原資が基準となる)
  • 全取引の損失率が10%を超える(初期原資が基準)
  • 経済指標前後2分までにポジションをオープン・クローズする(6回目で失格)

という条件をどれか1つ満たした時点で失格となります。先述したサファイアであれば「1日に100万損失(変動あり)・原資1800万以下」を起こした時点で失格です。

ステップ1と同様に、損失率は含み損を含むため、この場合1日の含み損が100万円を超えた瞬間チャレンジは強制終了されるのでご注意ください。

 

失格した場合、チャレンジ代金は全額没収となり再挑戦する際は同額を支払う必要があります。

ステップ1よりも達成難易度は低く設定されているため、ここで失敗することが無いようにしたいところです。普段よりも慎重なトレードをするべきと言えるでしょう。

プロトレーダー

引用:Fintokei公式「FAQ」より一部引用

無事ステップ1・ステップ2を突破することでプロトレーダーとなることができます。こうなると取引資金口座を提供される上、利益の80%を獲得することができます。

ただしプロトレーダーは画像の赤線の条件である

  • 1日の損失率が5%を超える(毎日朝7時の原資が基準となる)
  • 全取引の損失率が10%を超える(初期原資が基準)
  • 経済指標前後2分までにポジションをオープン・クローズする(6回目で失格)
  • 90日間トレードをしない

の4つの条件のうち1つでも満たすと失格となり、プロトレーダーの資格をはく奪され再度チャレンジから挑戦する必要があります。

※プロトレーダー達成後から失格までにチャレンジ代金を稼ぐことができていたら無料で再挑戦が可能。(現在は不明なので再調査中)

 

ただしプロトレーダーになることができればチャレンジに必要な金額をそのままお祝い金としてキャッシュバックされるので、1度でもプロトレーダーになることが何よりも大事です。

プロトレーダーになれる地力があるっていうのはマジで大事ですね。

【追記】ルールの上方修正

2023年12月6日よりFintokeiチャレンジに上方修正が入ります。具体的な内容は以下の通りです。

  • ニュースイベント中の取引が可能(指標時のトレードがOK)
  • 禁止事項の明言+内容の記載

 

先述した通り今まではニュースイベント前後2分間のトレードは禁止されていましたが、その条件が撤廃されます。指標を狙ったトレードが可能になります。

1回のトレードでチャレンジ達成を狙うことができるようになりますが、逆に言えば1回のトレードで全て終了してしまう可能性があります。

指標時にトレードできることはメリットもデメリットもあるので、自分のトレードスタイルを崩すことだけは避けたいところですね。

チャレンジ達成難易度はやや優しい~平均的

実際に筆者がチャレンジに挑戦してみた結果ですが、チャレンジ達成の難易度はやや優しい~平均的であると言えます。下手に自己資金でトレードをするよりもこっちの方がいいかもです。

  1. チャレンジ達成までの時間制限がない
  2. 利益8%⇒5%は良心的
  3. チャレンジ代金も比較的安い

上記3つがFintokeiのチャレンジを簡単にしている理由になります。

チャレンジ達成までの時間制限がない

Fintokeiは以前まで(10月3日まで)はチャレンジの達成にそれぞれ時間制限を設けていました。ステップ1の達成は30日以内・ステップ2の達成は60日以内とされていました。

しかし今回の上方修正によって、チャレンジ達成までの時間制限がなくなったので

  • 時間に追われてトレードをする必要が無くなる
  • 自分がチャンスだと思ったタイミングでトレードができる

といったメリットが増えたと言えるでしょう。(チャレンジをすぐに達成できればその分利益をすぐに受け取れるチャンスが増えるが…。)

利益8%⇒5%は良心的

チャレンジ達成の難易度の基準になる利益率に関しても、他のプロップフォームよりも優れていると言えます。利益8%はそこまで難しくありません。

もちろん1回のトレードでドカッと稼ぐことも可能ですし、安定的にコツコツトレードをするのであれば達成難易度はかなり低いです。

自分の普段のトレードスタイルに合った利益の狙い方をするのがいいでしょう。

チャレンジ代金も比較的安い

引用:Fintokei公式ページより一部引用

Fintokeiのチャレンジ代金はそこまで高くありません。一番高いプランは確かに239,800円しますが、5000万円の資金を運用するわけですから多少は高くなるでしょう。

初心者の方はクリスタルやパールなどのチャレンジ代金が安いプランから挑戦するのがおすすめ。

 

※こちらの記事でチャレンジ代金10%OFFのクーポンコードを紹介しています。参考にどうぞ!

【10%OFF】Fintokei(フィントケイ)をお得に挑戦できるクーポンの紹介!

Fintokeiの始め方

最後に今回解説したFintokeiの始め方について解説していきます。登録自体は5分あればできますし、取引口座開設も10分あればできるのでサクッと登録しちゃいましょう!

  1. Fintokei公式ページにアクセスする
  2. Fintokeiでマイページを開設する
  3. Fintokeiで資金口座を開設する
  4. MT4・MT5をダウンロードする
  5. メールからIDとパスワードを確認する

 

まずFintokeiの公式ページにアクセスします。以下の画像のように右上にある「ログイン」の部分をクリックしてマイページの作成に移ります。

 

ログインをクリックすると、新規アカウントの開設ができるようになります。

左の画像の部分をクリックすると、右の画像が表示されるので

  • 氏名(クレジットカードと同じ名前)
  • ユーザー名(ニックネームのようなもの)
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住国
  • 作りたいトライアル口座(何でもOK)

上記の6項目を入力して、アカウントを作成します。アカウント作成後はそのままログインができるようになるのでログインを行いましょう。

 

マイページにログインができるようになったら、画像にある「プラン購入」をクリックします。

プラン購入画面ではそれぞれの項目で

  • ご購入タイプ(Protrader)
  • 通貨(JPY)
  • プラットフォーム(MT4・MT5)
  • チャレンジの選択
  • 個人情報(住所・氏名)
  • クーポンコード

を入力して支払いの手続きをします。

※クーポンコード「FINTOK00AX」使用で20%OFFで挑戦可能!

 

※ぼかしは全てプライバシー部分なのでご了承下さい。

 

支払いはVISA・mastercardの2強ブランドが使えるほか、ApplePay・GooglePayの両方が使用できます。銀行送金はできないのでご注意ください。

 

ここまで完了したら、次に対応するプラットフォームのダウンロードをします。

マイページ上部にあるダウンロードをクリックして、必要なプラットフォームを選択します。

 

ダウンロードが完了すると、登録したメールアドレスに購入したチャレンジ口座へのログインID・パスワードが発行されるので、それをチェックしてログインしましょう。

※ログイン情報はぼかしていますがご了承ください。

これでFintokeiへのチャレンジに挑戦できるようになります。お疲れさまでした!

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)チャレンジのルール」について徹底解説しました。

  • ステップ1は原資の8%の利益を出せればOK
  • ステップ2は原資の5%の利益を出せればOK
  • チャレンジ達成の際の時間制限がなくなったので、初心者の達成チャンスが増えた

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
Fintokei フィントケイ チャレンジ ルール
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: