Fintokei フィントケイ 初心者 リスク リスク管理

【初心者向け】Fintokei(フィントケイ)のチャレンジ突破率を上げるためのリスク管理法について解説

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・Fintokeiを始めたばかりでリスク管理が分からない…
・Fintokeiで成功するためにはどうすればいいのか知りたい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)のチャレンジ突破率を上げるためのリスク管理法について解説」という記事となります
  • Fintokeiのチャレンジを達成するためのリスク管理法

この記事を読み終えることで、Fintokeiを利用する際のリスクを効果的に管理し、投資における成功の可能性を高める方法を身につけることができます!

 

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

Fintokei利用時のリスク管理4点

Fintokeiを利用する際には、リスク管理方法を理解することが非常に重要です。正直成功を重視するよりも失敗しないことを重視した方がいいです。

丁寧なリスク管理と石橋を叩いて渡るくらいのコツコツしたトレードを行うことができる人が、最終的にプロトレーダーになることができるのです。

 

ここでは、Fintokeiを利用する上で実践すべきリスク管理方法を4つ紹介します。

  • 1日の損失率と全体の損失率を守る
  • 小ロットサイズから始める
  • 損切りのルールを設ける
  • チャレンジの期間を急がない

それぞれについて詳しく解説していきます。

1日の損失率と全体の損失率を守る

まず最初にやるべきことは1日の損失率と全体の損失率を設定し、厳守することです。

Fintokeiでは1日の損失率と口座全体での損失率が明確に定められています。当然これを守れないとプロトレーダーになることはできません。

 

そのため正しいリスク管理としては

  • 1日の損失限度を口座資金の1〜2%に設定・それか5%
  • 全体の損失率が10%にならないようにlotを管理する

もちろんトレーダーやトレードスタイルによってこのリスク管理は様々ですが、Fintokeiに限っては利益よりも損失を重視することが大切です。

小ロットサイズから始める

次にやるべきことはロットサイズを小さくすることです。自分が想像しているよりも小さくした方が良いと私は考えています。

と言うのもFintokeiでプロトレーダーになるために必要なことは「原資の8%・原資の5%」を得ることなので、必要以上に利益を求める必要がありません。

またチャレンジ達成の条件設定も以前に比べて緩和されているため、無理にリスクを取る必要が無くなったと言えます。

 

そのため最初から高ロットで一撃トレードをする必要は無く、リスクとリターンを考えたトレードをすることが重要であると言えるでしょう。

損切りのルールを設ける

この内容は当たり前ですが、損切りのルールを設定しそれを厳守することは非常に重要です。

損切りのルールはトレードスタイルによって大きく異なりますが

  • 1回のトレードの損失率は原資全体の1%~2%

大体この辺りに落ち着くのではないでしょうか?

 

損切りを適切に行うことができなければ、当然プロトレーダーになることはできませんし、仮にプロトレーダーを達成しても継続することは難しいです。

損失を認めるのは精神的にきついですが、断腸の思いで損切りを行いましょう。

チャレンジの期間を急がない

Fintokeiを利用する際には、短期間で大きな利益を目指すのではなく、長期的な視点を持つことが大切です。チャレンジの期間を急ぐ必要はありません。

以前はチャレンジごとに制限時間が設けられていましたが、現在は制限時間を撤廃しています。

 

そのため長期的な視点を持つことは以下のようなメリットを享受できます。

  • 市場の変動に対して冷静な判断ができる
  • 安定した利益を目指すことができる

Fintokeiの利用においては、焦らずじっくりと市場を学び、経験を積んでいくことが成功への鍵となります。

一夜にして成功することは難しいので、根気強く取り組むことが大切です。

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)のチャレンジ突破率を上げるためのリスク管理法」について徹底解説しました。

  • 基本スタイルは「安全第一・利益第二」のトレードスタイル
  • 制限時間は無いので、「いつか合格する」のスタイルがおすすめ

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
Fintokei フィントケイ 初心者 リスク リスク管理
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: