Exness エクスネス 口座タイプ スタンダード ロースプレッド ゼロ プロ

【初心者必見】Exness(エクスネス)の4種類の口座タイプの違いを徹底解説【スタンダードからゼロまで】

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・スタンダード口座とプロ口座って何ぞや!
・初心者はまずどの口座をえらべばいいの?
・スキャルピングに最適の口座はどれ!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「Exness(エクスネス)の口座タイプの違いを分かりやすく解説」という記事となります

 

無制限レバレッジを筆頭に様々なメリットを持つExness
その類まれなるメリットから、最近は取引人口も多くなってきた海外FX。
FXの取引プレイヤーの中には、億を稼ぐプレイヤーがいるのも事実です。

 

Exnessでは取引に使える口座が4種類あります。それぞれにメリット・デメリットが存在し、初心者の方にも安心して使える口座もあります。

  • スタンダード口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

の4種類がありますので、今回の記事でそれぞれ分かりやすく解説していこうと思います。

 

今回は

  • Exness(エクスネス)にある4種類の口座タイプについて
  • それぞれの特徴・どういった方におすすめなのか?

解説していきます。どうぞよろしくお願いします。

 

※FXの取引を行うならExnessがおすすめな理由(リンクは全て解説記事になっています。)
  1. 最大レバレッジ2000倍かつ条件達成で実質無制限の倍率
  2. 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  3. メイン取引商品はスワップフリーで長期投資可能
  4. 200銘柄以上の豊富な取引商品
  5. 初心者に最強の「ゼロカット制度」搭載済み
  6. サポートデスクは日本語対応

2020年に日本市場に復活した、新進気鋭の海外FXですがその力は頭一つ抜けています。

Exnessで口座開設はこちらから

スポンサーリンク

Exness(エクスネス)の4つの口座タイプを解説します

Exness エクスネス 口座タイプ スタンダード ロースプレッド ゼロ プロ

Exnessには「スタンダード・ロースプレッド・ゼロ・プロ」の4種類の口座タイプがあり、それぞれメリット・デメリットが存在します。

表の青マーカーの部分がほかの口座よりも優れているメリットの部分です。参考にしてみて下さい。

スタンダードロースプレッドゼロプロ
最低スプレッド0.3pips000.1
取引手数料×片道最大3.5ドル片道0.2ドル~×
最低入金額3ドル1000ドル1000ドル1000ドル
マージンコール60%30%30%30%
ロスカット0%0%0%0%
ゼロカットゼロカット搭載(元本以上の損失は会社側が負担)

※マージンコールとは口座内の証拠金が減少した際に、追加での入金を通知すること。証拠金維持率が60%になった場合に通知される(こちらに実害はなし)

スタンダード口座

Exnessの中で基本のキと呼ばれる口座タイプです。初心者の方やFXに初めて挑戦する方などは他の口座タイプよりも、スタンダード口座の方がいいです。

  • 最低スプレッド0.3
  • 最低入金額3ドル
  • マージンコール60%
  • ロスカット0%

となっており、最低入金額3ドルから始められるという部分が一番強みです。

 

他の口座は最低1000ドルの入金額が必要で、10万円以上の入金を要求されます。正直初心者のうちにいきなりそんな金額は動かしたくないですよね…。

その点スタンダード口座なら普段食べているお昼代500円を節約すれば、FXに挑戦することが可能になります。初心者のうちから大損する必要はありません。

これからFXを始めるという方であればこの口座で問題ないです。

 

デメリットとしてはスプレッドの開きがほかの口座に比べて若干広いということ。

ただしExnessは他の取引会社に比べてスプレッドは狭く設定されています。円ドル最低0.8pipsという広さは他の取引会社にはありません。(スタンダードタイプであれば)

 

海外FX大手「XM」とスプレッドを比較した記事もありますので、あわせてチェックしてみて下さい。狭さに驚きます。

【XMと比較】Exness(エクスネス)のスプレッドの狭さについて徹底解説します【メイン通貨】

\無限レバレッジ・最狭スプレッドのExness!/

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座はスタンダード口座に比べて「スプレッドの狭さ」を強化した口座です。

  • 最低スプレッド0
  • 取引手数料片道最大3.5ドル(1取引につき7ドル)
  • 最低入金額1000ドル
  • マージンコール30%
  • ロスカット0%

まず見てわかる通り、最低スプレッドが0になります。ドル円やユーロ円のような有名通貨ペアは、スプレッド0であることが多いです。

スプレッドが0であれば、取引の値幅などの計算を考える必要もなく、初手損失から始まることもありません。

 

ただし最低入金額が1000ドルなので10万円以上の入金を要求されます。初心者で少額から始めたいという方にはあまりおすすめしません。

海外FXは入金額以上の損失の可能性はほぼ0ですが、入金した金額は全損する可能性があります(大切なのは自分の意志)

 

スタンダード口座を使用してみた結果

  • やっぱりスプレッドが広く感じる
  • 1日で取引が完結するデイトレードがメインなのでスプレッドを狭くしたい

という方はぜひロースプレッド口座を開設してみましょう!

スポンサーリンク

ゼロ口座

ゼロ口座はロースプレッド口座に比べてさらにスプレッドを狭くしたのが特徴です。なんと取引時間の95%でスプレッドが0になります。

  • 最低スプレッド0(95%が0)
  • 取引手数料片道3.5ドル~(1取引につき7ドル~)
  • 最低入金額1000ドル
  • マージンコール30%
  • ロスカット0%

やはりスプレッドがほぼ0なので、超短期投資のスキャルピングに有利です。

 

【スキャルピングとは】

数秒から数分程度の極端に短い時間に、何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるトレード手法。 英語のscalpには「頭皮を剥ぐ」という意味もあり、薄い皮を何枚も剥ぐように、わずかな利幅を狙った細かい取引によって薄い利益を蓄積していく。

引用:野村証券 証券用語解説集より一部引用

 

ただしスキャルピングは非常にリスクが高く、たくさんの原資を必要とします。最低入金額が1000ドルなのは変わらないですが、正直1万ドルくらいは欲しいところ。

 

こちらに関してもスタンダード口座を使って取引をしていく中で

  • 取引スパンを上げてスキャルピングメインにしたい
  • 短期トレードの方が性に合ってるから口座タイプを変更する

という気持ちがあるのであればゼロ口座をメインで使っていきましょう。

プロ口座

プロ口座は「即時約定を用いている」点が強みです。またスプレッドに関してもスタンダード口座よりも低めに設定されています。

  • 最低スプレッド0.1
  • 取引手数料0
  • 最低入金額1000ドル
  • マージンコール30%
  • ロスカット0%

 

ゼロ口座では即時約定というシステムを使用しています。そのため他口座では発生してしまうスリッページがないのが特徴です。

【スリッページとは】

スリッページとは、お客様の注文レートと実際に約定したレートの差の事を指します。為替相場の変動等によりお客様が注文時に指定したレートと実際に約定するレートとの間にかい離が生じる場合があり、注文レートと異なるレートで約定する場合があります。

引用:LIGHT FX スリッページとはより一部引用

 

この取引において発生するスリッページがかなりの曲者です。取引の量が多くなる日本時間の夜などは、スリッページが頻繁に発生します。

そこまで気にするほどの値幅が発生するわけではないですが、指標発生時など急激な値動きが発生した場合は、スプレッドも一気に変動するので注意が必要です。

 

ただこちらも最低入金額が1000ドルからなので、初心者には少し不向き。それに即時約定でなくても、指標時を避けて普通に取引する場合は別に気にしなくていいです。

スキャルピングなど取引回数が多い場合は気を付けましょう。

\無限レバレッジ・最狭スプレッドのExness!/

  • Exnessは4種類の口座タイプを用意している
  • 初心者やこれからFXに挑戦する人は「スタンダード」
  • デイトレードなど取引の頻度が高い人は「ロースプレッド」
  • スキャルピングで取引する人は「ゼロ」
  • 約定タイミングなどに注意したい人は「プロ」

 

2020年に日本市場に復活した、新進気鋭の海外FXですがその力は頭一つ抜けています。

ぜひExnessを使用して、副業収益を稼げるようになっていきましょう!

\無限レバレッジ・最狭スプレッドのExness!/

副業に挑戦したい方へ

2018年に、日本政府は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。

また市場の調査では2022年時点で副業をしている人は約20%に及び、副業をしたいという人を含めると約60%もの日本人がいるということをご存じでしょうか。

度重なる増税や収入減、ライフステージが上がるごとにお金というものは必要になります。その時に今やっている仕事だけで本当に乗り越えられるのでしょうか。

 

節約は重要ですが、それだけでは限度があります。そんな中もしも副業に挑戦して

  • 月に数万円の副収入を達成して、生活が少し楽になったしゆとりができた!
  • 毎月のお小遣いに少し利益を重ねてちょっぴり高級なランチが食べれそう!
  • 高校・大学生活は何かとお金がいるけど、副業のおかげでバイト入れすぎないで済みそう!

となれば、はっきり言って最高じゃないですか!?だからこそ、この部分を読んでいる皆さんには副業に挑戦してもらいたいのです。

 

実際私は様々な副業に挑戦し、失敗し、挑戦を繰り返して、現在は3つの副業に挑戦しています。

  1. ブログ(当ブログ「ボルトレ」)
  2. 投資(海外FXのExnessを使用・自動売買トレードも実施)
  3. SNS運用(Twitter・instagram)

収益・実績については固定ページをご覧ください。

 

そしてこれから副業に挑戦したいと考えている方は、ぜひ投資に挑戦してほしいと思っています。

  • 投資って怖くない?貯金の方がいいんじゃない?
  • 損するから投資は嫌だ!

という方の意見もごもっともです。まったくもってその通りだと思います。

 

ただし、今の日本はある程度投資に対する地盤が整備されており、日本人も現状を変えたいと考えているのか、投資に積極的という事実もあります。

下記の通り、約1600万人の人がNISAに挑戦していることが見て取れますよね?この人たちはすでに将来のために行動しているのです。

2022年9月末の証券会社のNISA総口座数は1,144万口座であり、2021年末と比較して3.2%増加した。同月末のつみたてNISA口座数は466万口座であり、2021年末の339万口座から37.6%増加した。

引用:NISA口座開設・利用状況調査結果 (2022年9月30日現在)より一部引用

ただ残念ながらNISAもつみたてNISAも最終的な収支は20年後に分かります。時間の効果により20年後収支が+の可能性は非常に高いです。

 

ただしお金がない私は20年後なんて待ってられないし、明日にはもう自分はいなくなっているかもしれない中で将来の展望もわからない。

だからこそ私は毎月数万円を稼いで生活を安定させるために、「FX」という分野に挑戦することにしました。

安定収入になるまでに私は約3年かかりましたが、本気で取り組めば1年~2年で収益を安定させることは十分可能です。

 

FXは借金というイメージがある方。2023年の今は取引会社の選択を間違えなければ、借金を負うリスクは99.9%で0にできます。

FXは勝てないというイメージのある方。ブログやYoutubeという長期的な副業ですら勝てない人がいる中で、FXは勉強と努力次第で勝てる可能性を秘めています。

FXで勝てるのは運だろと言う方。運の要素を私たちの自己管理で可能な限り排除し、安定な収支にすることは可能です。

 

ここまで見てくれたあなたが

  • 本気で月に1万円から稼げるようになりたい
  • 投資にかけるだけの余剰資金が少なくて、副業に挑戦できない
  • 時間をかけるよりも短期的にコツコツと稼いでいきたい

と考えているのであれば、私は「海外FX」をおすすめします。皆さんが稼いでいく手助けをこのブログ・SNSで全力でしていきます。

 

そして今すぐ動いてください。相場は永遠にありますが初心者を脱却するためには1秒でも早く勉強・実践した方がいいに決まっています。

今よりも1年後、あなたの生活が豊かになっているためには今の自分を奮い立たせて動くしかないのです。

 

FXについてわからないことが多くても、このブログは脱初心者向けの記事が多いので、読んでくれる皆様の参考になると思います。

またこれから挑戦する方向けのInstagramの記事もありますのでぜひフォローいただければと思います。

 

FXに関する初心者向けの参考記事になります。

 

※もしFXを始めたいというのであればみりんはExnessを推奨しています。

Exnessで口座開設はこちらから

 

(ついでにTalitariに紐づけをしておいてキャッシュバックを受け取りましょう!)

【保持すればOK】ExnessスキャルピングとTaritaliの相性が最高な件

 

【追記】

最近Exnessで有名なソーシャルトレード(いわゆるミラートレード)を始めました。

理由としては自分だけでトレードをすると、どうしてもメンタルが崩れてしまう時があるからです…。

  • 利益を出しているトレーダーの取引に全乗っかり(裁量トレードのミラートレードは珍しい)
  • 利益が安定して出ているEAの取引に全乗っかり

することが可能な制度で、手数料はかかってしまいますがその分何もしなくても利益を出してくれています。

 

  • FXで自分でトレードするのは怖い…。損失がかさんでしまいそう。
  • 裁量トレードの利益をもっと安定しているところに入れられれば…。
  • FXの中でも上手くリスクヘッジできるようにしたい!

と考えている皆様でしたら、とても最適だと考えています。ぜひご検討ください。

【年利100%?】Exness(エクスネス)のソーシャルトレードの始め方を徹底解説【いいえ200倍】

スポンサーリンク
Exness エクスネス 口座タイプ スタンダード ロースプレッド ゼロ プロ
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: