Exness エクスネス 出金 出金拒否

【注意点を解説】Exness(エクスネス)の出金拒否の真相について徹底解説します【基本なし】

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・Exnessって利益を出しても出金拒否とかされるんですか?
・出金拒否されるかどうか、気を付けるべきことってありますか?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「Exnessの出金拒否の真相について徹底解説」という記事となります

 

無制限レバレッジを筆頭に様々なメリットを持つExness。その類まれなるメリットから、最近は取引人口も多くなってきた海外FX。
Exnessは業界の中でも成長株でありながら、トレーダーの人数を着々と増やしているおすすめの取引所です。

 

今回はExnessの「出金拒否の真相」について解説していきます。これからExnessを始める方はぜひ知ってほしいので最後までお付き合いください。

  • Exnessで出金拒否になる可能性のある注意するべきこと
  • 出金ができないときに必ずチェックするべきこと

上記の部分について詳しく解説していきます!

 

※初めての海外FXにExnessをおすすめする理由(リンクは全て解説記事になっています。)
  1. 最大レバレッジ2000倍かつ条件達成で実質無制限の倍率
  2. 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  3. メイン取引商品はスワップフリーで長期投資可能
  4. 200銘柄以上の豊富な取引商品
  5. 初心者に最強の「ゼロカット制度」搭載済み
  6. サポートデスクは日本語対応

他のブローカーにない様々な特徴を持っているExnessを当ブログではおすすめしています。初心者~上級者まで安心して使えます。

Exness(エクスネス)
5

スプレッド0.0pips~・無制限レバレッジ・ゼロカット制度・スワップフリーなど他の業者では見られない最高の環境が提供されています。ライセンス取得による安全性も高いので、最初の取引所として選ぶならExnessが一番おすすめ!

Exness(エクスネス)の出金拒否の真相は…

Exness エクスネス 出金 出金拒否

結論から言うと、Exnessにおいて出金拒否になる原因は大きく分けて3つあります。

  1. Exnessの取引上のルールを守っていない(自己アフィリエイトは厳禁)
  2. 出金の際のルールを守っていない(複数タイプで入金している人は注意)
  3. 出金の際のヒューマンエラー(番号入力のミスに注意)

それぞれの注意点について解説していますので、自分が当てはまっていないかどうかを参考にしてください。

Exness(エクスネス)の取引上のルール

Exnessの際の取引上のルールを守っていない場合、出金拒否や最悪の場合口座凍結の可能性もあります。

とはいってもExnessは取引上で明確に禁止しているルールは1つしかありません。

その自由度の高さもトレーダーに愛されているブローカーであると言えます。

 

ちなみに禁止されているルールは「自己アフィリエイトの禁止」のみです。これ以外であれば法に触れるようなものでない限り出金拒否を受けることはないです。

筆者はExnessを使って約2年ほど経過し、様々なトレードを使用してきましたが現在に至るまで出金拒否を受けたことはありません。

 

Exnessは

  • スキャルピング(海外FXによっては禁止しているところも多い)
  • 両建て
  • 指標狙いのトレード

などほかのブローカーで禁止していることを許可してくれています。

少額から利益を狙うためにはスキャルピングや指標狙いのトレードも必要になってくるので、Exnessのご厚意をありがたく使わせていただきましょう。

Exness(エクスネス)の出金上のルール

次に注意してほしいのが、Exnessの出金上のルールを守っていない場合です。この場合は出金拒否をされる可能性があるので注意してください。

※原因を解決すれば出金することができるようになります。

 

そもそもExnessを含む海外FXは出金方法に厳格なルールがあります。

理由としては「マネーロンダリング防止」のためです。不正使用されたお金などが資金洗浄されることを防いでいるわけですね。

もし出金拒否をされた場合は落ち着いて以下の条件を満たしているかどうかをチェックしてみて下さい。

本人認証が完了している

まずは本人認証が完了しているかどうかをチェックしてみましょう。

本人認証していないと出金することはできません。(この場合は出金拒否ではなく出金不可能。)

 

本人認証をしなくても2000ドルの入金・取引は可能ですが、利益を出金できないFXはただの飾りなので、早めに認証しましょう。

本人認証についての解説はこちらからどうぞ!

【これで大丈夫】Exness(エクスネス)の口座開設と本人確認の方法を分かりやすく解説【2023年最新版】

自分名義の口座・カード・ウォレットを使う

次に「自分名義の口座・カード・ウォレット」かどうかをチェックしてください。よくあるのが「家族名義のカード・口座で出金しようとする」ことです。

当然この場合も先述したロンダリングの件により、出金はできません。必ず自分名義の口座に出金するようにしてください。

出金する際は今一度名義を確認してみて下さい。他人名義はNGですよ。

入金と出金は同じ決済方法であること

次に「入金と出金は同じ決済方法であること」を確認してください。

海外FX初めての方はここで詰まりやすいので注意してください。

 

例えばクレジットカードから10万円をExnessに送金したとします。その後利益が出た場合は、最初にクレジットカードから10万円分出金しなければなりません。

Exnessには銀行出金など複数の出金手段はありますが、カードへの出金が完了するまで使用できません。

 

また「入金手段として1回は使用したことのある方法でしか出金できない」点にも注意してください。銀行送金しかしたことないのにウォレットに出金は出来ません。

優先順位に従うこと

出金には優先順位というものがあります。今までに複数の入金方法を使用している場合は優先順位による拒否に注意してください。

Exnessでは出金に関する優先順位を以下のように定めています。

  1. クレジットカードやデビットカードによる返金
  2. 仮想通貨の返金
  3. その他(銀行口座・ウォレットなど)

そのためカードを使用して入金した場合は、カードでの返金が優先になります。

 

この項目で出金拒否されると、原因が特定できないこともあります。(自分が何で入金したのかがわからなくなると永遠に出金できなくなるため。)

そのため自分が何で入金したのかを必ず覚えておくようにしましょう。また入金の方法を複数使うことは避けた方がいいかもしれません。

入金比率と出金比率の同一化

ちなみにですが入金手段を複数用いて入金した場合は「入金比率と出金比率」を同一にします。

例えば

  • クレジットカードによる入金が10万円
  • 銀行口座による入金が6万円
  • bitwalletによる入金3万円
  • 利益額5万円

ここで発生した24万円を全額出金しようとしたと仮定します。

 

まず最初にクレジットカード決済が必要なので、10万円を決済します。その後利益額を引いた9万円で入金比率を計算します。

  • 銀行入金:6万÷9万=66%
  • bitwallet:3万÷9万=33%

となるので、最後に利益額を足した値で計算を行い出金額を判定します。

 

はっきり言って計算がめんどくさいです。自分は銀行送金しか使用しないので楽ですがウォレット等を使う人は注意して下さいね。

スポンサーリンク

最低出金額と最大出金額の枠に入れること

最後に「最低出金額と最大出金額の間に入っているか」をチェックしましょう。

画像は銀行出金の場合ですが、このように金額が指定されています。

\無限レバレッジ・最狭スプレッドのExness!/

サポートセンターに連絡する

どうしても出金できない場合や、上記で説明した項目に当てはまらない場合はここで紹介した原因以外の可能性が高いので、こちらでは解決できません。

その場合はExnessのサポートセンターに連絡するようにしましょう。

 

Exnessは日本語対応しているので、英語での連絡をする必要はありません。こういった点もExnessが優れている点であると私は考えています。

スポンサーリンク

Exness出金拒否の対策

最後に出金拒否を防ぐための対策として3つ紹介します。

  1. 入金・出金方法は1つに絞っておく
  2. 番号入力などはコピー&ペーストで安全に行う
  3. 一度少額出金を試してみる

入金・出金方法は1つに絞っておく

まず入金・出金方法は絶対に1つに絞っておくことをおすすめします。

出金による優先順位や出金比率を考える必要がなく、計算の手間を抑えられるからです。

筆者は銀行入金しか使用していません。出金の際の手数料もかからないので高額の出金になってもお得に使用できることがメリットです。

 

ちなみに入金方法の1つであるクレジットカード入金ですが、現在ほぼすべてのカード入金が停止されています。

【全7種類】Exness(エクスネス)の入金方法について徹底解説【注意点も解説】

コピー&ペースト+少額出金

仮想通貨ウォレットや口座番号の入力などは絶対に失敗しないようにしましょう。ミスした場合、利益が電子の海や他人の口座に流れてしまいます。

ちなみに他人の口座に利益が渡った場合、ほぼ100%で帰ってきません。

 

仮想通貨ウォレットを使用する場合は必ずコピー&ペーストを使用し、人為的なミスをなくすようにしましょう。

口座番号の入力の場合は最低3回はチェックしましょう。

それでも不安な方は利益額を出金する前に、少額で出金を試してみましょう。問題なく出金ができることを確認してから再度出金を行うのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「Exness(エクスネス)の出金拒否の真相」について徹底解説しました。

  • Exnessは他の取引会社に比べて比較的温和なトレード会社・自己アフィリエイトは禁止なので注意
  • 利益を出金する際にはいくつもルールがあるので、必ず公式ページをチェックしましょう

当ブログではExnessのことを知らない人でも安心して使えるように、公式サイトでは手が届かない所も解説しています。

ぜひ他の記事もご覧いただければ嬉しいです。ありがとうございました!

 

↓Exnessを0から始めるならこちらからチェックしてみて下さい↓

  1. Exnessについて理解する 取引通貨について 禁止事項について
  2. 口座開設
  3. 本人確認
  4. 口座パターンの理解
  5. Exnessに入金する
  6. 取引プラットフォームのインストール VPSについて
  7. 実際に取引 取引のコツ
  8. Exnessから利益を出金
  9. 【番外編】デモトレードで練習しよう
  10. 税金問題について知っておこう

 

 

※初めての海外FXにExnessをおすすめする理由(リンクは全て解説記事になっています。)
  1. 最大レバレッジ2000倍かつ条件達成で実質無制限の倍率
  2. 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  3. メイン取引商品はスワップフリーで長期投資可能
  4. 200銘柄以上の豊富な取引商品
  5. 初心者に最強の「ゼロカット制度」搭載済み
  6. サポートデスクは日本語対応

 

他の海外FXブローカーにはない特徴(レバレッジ無制限・スプレッド・スワップフリー)を多数搭載しており、トレーダーに優しいブローカーです。

  • 少額から利益を狙うハイレバトレーダー
  • コツコツと利益を狙うスイングトレーダー

どちらにも安心して使える海外FXのExnessを一度試してみてはいかがでしょうか?

Exness(エクスネス)
5

スプレッド0.0pips~・無制限レバレッジ・ゼロカット制度・スワップフリーなど他の業者では見られない最高の環境が提供されています。ライセンス取得による安全性も高いので、最初の取引所として選ぶならExnessが一番おすすめ!

【必読】FXに挑戦する方へ

2018年に、日本政府は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。

また市場の調査では2022年時点で副業をしている人は約20%に及び、副業をしたいという人を含めると約60%もの日本人がいるということをご存じでしょうか。

度重なる増税や収入減、ライフステージが上がるごとにお金というものは必要になります。その時に今やっている仕事だけで本当に乗り越えられるのでしょうか。

 

節約は重要ですが、それだけでは限度があります。そんな中もしも副業に挑戦して

  • 月に数万円の副収入を達成して、生活が少し楽になったしゆとりができた!
  • 毎月のお小遣いに少し利益を重ねてちょっぴり高級なランチが食べれそう!
  • 高校・大学生活は何かとお金がいるけど、副業のおかげでバイト入れすぎないで済みそう!

となれば、はっきり言って最高じゃないですか!?だからこそ、この部分を読んでいる皆さんには副業に挑戦してもらいたいのです。

 

実際私は様々な副業に挑戦し、失敗し、挑戦を繰り返して、現在は3つの副業に挑戦しています。

  1. ブログ(当ブログ「ボルトレ」)
  2. 投資(海外FXのExnessを使用・自動売買トレードも実施)
  3. SNS運用(Twitter・instagram)

 

そしてこれから副業に挑戦したいと考えている方は、ぜひ投資に挑戦してほしいと思っています。

  • 投資って怖くない?貯金の方がいいんじゃない?
  • 損するから投資は嫌だ!

という方の意見もごもっともです。まったくもってその通りだと思います。

 

ただし、今の日本はある程度投資に対する地盤が整備されており、日本人も現状を変えたいと考えているのか、投資に積極的という事実もあります。

下記の通り、約1600万人の人がNISAに挑戦していることが見て取れますよね?この人たちはすでに将来のために行動しているのです。

2022年9月末の証券会社のNISA総口座数は1,144万口座であり、2021年末と比較して3.2%増加した。同月末のつみたてNISA口座数は466万口座であり、2021年末の339万口座から37.6%増加した。

引用:NISA口座開設・利用状況調査結果 (2022年9月30日現在)より一部引用

ただ残念ながらNISAもつみたてNISAも最終的な収支は20年後に分かります。時間の効果により20年後収支が+の可能性は非常に高いです。

 

ただしお金がない私は20年後なんて待ってられないし、明日にはもう自分はいなくなっているかもしれない中で将来の展望もわからない。

だからこそ私は毎月数万円を稼いで生活を安定させるために、「FX」という分野に挑戦することにしました。

安定収入になるまでに私は約3年かかりましたが、本気で取り組めば1年~2年で収益を安定させることは十分可能です。

 

FXは借金というイメージがある方。2023年の今は取引会社の選択を間違えなければ、借金を負うリスクは99.9%で0にできます。

FXは勝てないというイメージのある方。ブログやYoutubeという長期的な副業ですら勝てない人がいる中で、FXは勉強と努力次第で勝てる可能性を秘めています。

FXで勝てるのは運だろと言う方。運の要素を私たちの自己管理で可能な限り排除し、安定な収支にすることは可能です。

 

ここまで見てくれたあなたが

  • 本気で月に1万円から稼げるようになりたい
  • 投資にかけるだけの余剰資金が少なくて、副業に挑戦できない
  • 時間をかけるよりも短期的にコツコツと稼いでいきたい

と考えているのであれば、私は「海外FX」をおすすめします。皆さんが稼いでいく手助けをこのブログ・SNSで全力でしていきます。

 

そして今すぐ動いてください。相場は永遠にありますが初心者を脱却するためには1秒でも早く勉強・実践した方がいいに決まっています。

今よりも1年後、あなたの生活が豊かになっているためには今の自分を奮い立たせて動くしかないのです。

 

FXについてわからないことが多くても、このブログは脱初心者向けの記事が多いので、読んでくれる皆様の参考になると思います。

またこれから挑戦する方向けのInstagramの記事もありますのでぜひフォローいただければと思います。

 

※もしFXを始めたいというのであればみりんはExnessを推奨しています。

初心者に安心の「ゼロカット制度」を搭載している海外FXです。必要以上のリスクを背負う必要は無くなります。

初心者だからこそ安全性の高い海外FXを選択し、コツコツ稼げるようになってほしいので私はExnessをおすすめします。

Exness(エクスネス)
5

スプレッド0.0pips~・無制限レバレッジ・ゼロカット制度・スワップフリーなど他の業者では見られない最高の環境が提供されています。ライセンス取得による安全性も高いので、最初の取引所として選ぶならExnessが一番おすすめ!

 

【追記】

最近Exnessで有名なソーシャルトレード(いわゆるミラートレード)を始めました。

理由としては自分だけでトレードをすると、どうしてもメンタルが崩れてしまう時があるからです…。

  • 利益を出しているトレーダーの取引に全乗っかり(裁量トレードのミラートレードは珍しい)
  • 利益が安定して出ているEAの取引に全乗っかり

することが可能な制度で、手数料はかかってしまいますがその分何もしなくても利益を出してくれています。

 

  • FXで自分でトレードするのは怖い…。損失がかさんでしまいそう。
  • 裁量トレードの利益をもっと安定しているところに入れられれば…。
  • FXの中でも上手くリスクヘッジできるようにしたい!

と考えている皆様でしたら、とても最適だと考えています。ぜひご検討ください。

【年利100%?】Exness(エクスネス)のソーシャルトレードの始め方を徹底解説【いいえ200倍】

スポンサーリンク
Exness エクスネス 出金 出金拒否
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: