FundingPips 禁止事項 禁止

【指標時注意】FundingPipsで気を付けたい禁止事項について詳しく解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・FundingPipsで気を付けたい禁止事項は?
・トレードする上で注意しなければならないことは?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
日本市場には進出していませんが、海外プロップファーム業界最安値の「FradingPips」と言う会社をご存じでしょうか?
おそらく今後日本市場に出てくることは無いですが、プロップファームを検討している方にはおすすめの会社になります!
本記事は「FundingPipsで気を付けたい禁止事項について詳しく解説します」という記事となります
  • FundingPipsで規定されてる注意事項について

知名度が少ないFradingPipsですが、実際に利用していて今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。プロップファームを捜している人はぜひ検討を!

 

※FX初心者にFundingPips(ファンディングピプス)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 業界最安値の料金プラン(Fintokeiクーポン込より20~30%安い)
  2. 裁量トレーダー向けのcTrader完備
  3. スケーリング制度搭載
  4. トレードルールが緩い(禁止事項少な目)
  5. 取引環境(スプレッド・手数料)がFintokeiより安い条件がある

Fintokeiと比べて日本語対応していない点がネックですが、Deeplなどを用いれば問題なく読むことは可能です。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

FundingPips
5.00

海外プロップファーム業界で最安値のチャレンジ料金を提供しているFundingPips。今後Fintokeiと肩を並べる位伸びてくるであろうプロップファームと言えます。5000$プランは驚異の32$。初心者~上級者までおすすめの取引会社です。

FundingPipsの禁止事項について

海外プロップファームのFundingPipsでは、業界最安値でチャレンジをすることが可能なのが特徴です。5,000$プランであれば32$~挑戦することができます。

プロップファームではトレードにおいて様々な禁止事項が定義されているのが特徴ですが、FundingPipsの禁止事項について解説していきます。

  • 重要指標前後2分間の取引
  • その他禁止されている事項について

上記の2点について解説していきます。これからFundingPipsを始める方は必ずチェックしておきましょう。

重要指標前後2分間の取引

2.5. Allowed to hold trades during news and over the weekend

Profit from trades that are opened 2 minutes prior to and after a high impact news event on the affected currency will not be counted. 

In the event any deductions result in the breach of the daily loss limit or maximum loss limit, the trader is responsible for the violation.

FundingPipsでは重要指標前後2分間の取引を認めていません。トレードをすることは可能ですが、前後2分間でエントリーした場合は利益として計上されません。

※ポジションのホールドはOK。前後2分間でエントリー・利確をするのはNGです。

 

またイベント中のトレードで損失が発生した場合、その損失が無効になることは無くそのまま損失額として計上されることになります。

そのため2分の1の確率で利益を狙う経済指標トレードを行うのは、FundingPipsではできないと考えておきましょう。

  • 指標を狙うなら指標発表前にあらかじめポジションを持っておく
  • 指標中に利確は避けるべき

上記の条件について覚えておかないと、最悪の場合利益を失うどころかプロ口座を喪失する可能性もありますので、厳重に注意しましょう。

その他禁止されている事項について

However, Any Trading activities that are used to take advantage of trading platform inefficiencies (Gap trading, high frequency trading, server spamming, latency arbitrage, toxic trading flow, hedging, long short arbitrage, reverse arbitrage, tick scalping, server execution, opposite account trading) are all prohibited trading plus copy trading or account management by a third-party vendor will result in account termination, such activities with Funding Pips will result in account termination.

 

なお長々となりましたが、禁止されている事項として以下の内容があります。

  • ギャップ取引、高頻度取引、サーバー・スパミング、レイテンシー裁定取引有害な取引フロー、ヘッジ取引、ロング・ショート裁定取引、逆裁定取引、ティック・スキャルピング、サーバー執行、反対口座取引

かなり多いのですが普通にトレードしている場合はそこまで気にしなくてよいトレードスタイルと言えます。(赤字の部分だけ恣意的に行えるので注意)

  • 数秒で利確損切りを行う秒スキャ
  • 両建てトレード
  • レイテンシー(時間差)トレード

こういった事項は禁止されているので、ご注意ください。

FundingPipsの始め方

それでは実際にFundingPipsの始め方について解説します。登録~開始まで10~20分で行えるので、ぜひチェックしてみてください!

  1. FundingPips公式サイトにアクセスする
  2. マイページを開設する
  3. トレードプランを選択する⇒購入する
  4. メールからログイン用のパスワードをチェックする
  5. マイページ「Credential」からログイン

 

まず最初にFundingPipsの公式サイトにアクセスします。公式サイトをチェックすると以下の画像が出てくると思います。

画像右上にある「Buy Challange」をクリックします。マイページを作成すると「Dashboard」の欄からログインを行うことができるようになります。

 

BuyChallangeをクリックすると、サインインのページが出てくるので「Create Account」をクリックします。

すると個人情報を入力する欄が出てきますので、画像のように入力してください。

  • First Name(苗字)
  • Last Name(名前)
  • メールアドレス・パスワード

 

登録が完了すると、メールアドレスに個人情報の有効化のメールが届きます。有効化すればマイページへのアクセスができるようになります。

 

有効化が完了したら、次にチャレンジ口座の購入手続きに入っていきます。マイページにログインすると、右上の+マークからチャレンジの購入ができるようになります。

購入の際には以下の3つを決める必要があります。決めたら「Choose」をクリック。

  1. トレーダーの所属国の選択(日本人なら日本でOK)
  2. プラットフォームの選択
  3. 口座タイプの選択
  4. ※アメリカ国籍ではないにチェックを入れる

 

次に個人情報を入力します。全て英語で記入する必要があるのでご注意ください。もし英語入力が不安であれば、外部サイトの「君に届け」を使うのがおすすめです。

それぞれの入力項目は以下の通りです。赤字で書かれている部分を英語表記で入力します。

入力が完了したら「Proceed Pay」をクリックします。

住所を英語表記に簡単変換 – 君に届け!

 

最後に購入手続きとして、クレジットカードか仮想通貨での購入を選択します。筆者はクレジットカードを使用していますが、楽天カードでも問題なく購入ができました。

 

購入が完了したら登録したメールアドレスに、ログイン用のパスワードなどが記載されたデータが送られてきます。(無くさないこと!)

 

上記のメールアドレスを確認することができれば、あとはマイページの「Credential」からログインを行えばOKです。

入力には「メールアドレス・パスワード」の2つが必要になるので、コピぺできるようにしておきましょう。これで全ての登録は完了です!

FundingPips
5.00

海外プロップファーム業界で最安値のチャレンジ料金を提供しているFundingPips。今後Fintokeiと肩を並べる位伸びてくるであろうプロップファームと言えます。5000$プランは驚異の32$。初心者~上級者までおすすめの取引会社です。

まとめ

今回は「FundingPipsで気を付けたい禁止事項」について徹底解説しました。

  • FundingPipsの禁止事項は「重要指標時前後2分間のトレード」
  • 恣意的にNGなトレードもあるのでご注意ください

知名度が少ないFradingPipsですが、実際に利用していて今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。プロップファームを捜している人はぜひ検討を!

 

↓FundingPips(ファンディングピプス)を始めるならこちらをチェック↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFundingPips(ファンディングピプス)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 業界最安値の料金プラン(Fintokeiクーポン込より20~30%安い)
  2. 裁量トレーダー向けのcTrader完備
  3. スケーリング制度搭載
  4. トレードルールが緩い(禁止事項少な目)
  5. 取引環境(スプレッド・手数料)がFintokeiより安い条件がある

Fintokeiと比べて日本語対応していない点がネックですが、Deeplなどを用いれば問題なく読むことは可能です。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

FundingPips
5.00

海外プロップファーム業界で最安値のチャレンジ料金を提供しているFundingPips。今後Fintokeiと肩を並べる位伸びてくるであろうプロップファームと言えます。5000$プランは驚異の32$。初心者~上級者までおすすめの取引会社です。

スポンサーリンク
FundingPips 禁止事項 禁止
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: