プロップファーム 安全性 Fintokei FundedNext FundingPips

【始める前に】プロップファームの安全性を事前にチェックする方法を徹底解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・プロップファームって実際安全なの?
・プロップファームの安全性をチェックする方法はあるの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「プロップファームの安全性を事前にチェックする方法」という記事となります
  • プロップファームの安全性をチェックする方法

2023年からプロップファームは数多く登場していますが、この記事で少しでも安全性の調べ方を把握していただけると助かります。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

プロップファームの安全性を事前にチェックする方法

海外では主流になっているプロップファーム・プロップトレーダーですが、Fintokeiを筆頭に少しづつ日本市場で主流になりつつあります。

しかし日本市場ではFintokeiくらいしか日本語対応しているところは少なく、ほとんどが海外市場を主軸にしています。

またポンジスキームを始めとする安全性に不安があることも1つの懸念点となっており、安全性の担保が大きな課題となっています。

 

この記事では実際に筆者が利用しているプロップファームを決める前に、必ず参考にしている・調査しているやり方を解説します。

少しでも安全性の担保にお役立ていただければ幸いです。よろしくお願いします。

※このやり方が絶対正しいとは限りません。以下のやり方をそのまま実行した結果損失を被っても筆者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

Trustpliotの評価をチェックする

まず最初にチェックするのは「Trustpliot」と呼ばれる消費者レビューをまとめているサイトをチェックすることです。

なお筆者がチェックしている評価基準は以下の通りです。

  1. Trustpliotに企業の名前があること(絶対条件)
  2. Trustpliotの評価が4.5以上あること
  3. 低評価レビューが私怨じゃないこと

最低でもこのレビューサイトに名前がない所は、高確率でポンジスキームを始めとした詐欺の可能性が高いです。使わないことをおすすめします。

 

例えば筆者が使用しているプロップファームの1つであるFintokeiは以下の通りです。一応評価4.5以上あるので、筆者の信用規準を満たしています。

ただレビュー数が圧倒的に少ないので、今後の展開は注視する必要がありそうです。(日本市場に出てきて日が浅いっていうのもあると思う)

 

ちなみに私が使っているFundingPipsFundedNextは以下の通りです。レビュー数の多さとレビューの信用性も高いため、筆者は愛用しています。

最低でもTrustpliotに名前が載っていて、レビューがちゃんとしている会社を選ぶのが大事です。

prop firm matchに記載されているか

次に海外サイトの「prop firm match」と呼ばれるプロップファーム比較サイトをチェックしましょう。ここに名前が載っていることも信用性の比較に使えます。

ちなみにこのサイトでは様々な条件からプロップファームの比較を行うことができます。海外プロップファームを利用する前には一度調べてみたい所です。

 

例えばチャレンジ料金を始めとした基本的な特徴に比べて、ファームの特徴やブローカー、トレードに使うプロップファームを選択して比較できます。

海外のプロップファームのチャレンジタイプが大体400種類程度記載されています。

 

ちなみにこのサイトにFintokeiは乗っていません。日本市場優先感が強いので海外プロップファームまとめに乗っていないのはまあしょうがないのですが…。

もうそろそろ稼働して1年経つので、記載されてもおかしくないんですがね。

 

筆者が使用しているFundingPipsFundedNextは記載されています。評価レビューも高いのでTrustpliotと合わせて信用に値します!

ここに記載されていない海外プロップファームは正直信用できないので、その点はご注意ください。

まとめ

今回は「プロップファームの安全性を事前にチェックする方法」について徹底解説しました。

  • 筆者が使っているのは「Trustpliot」と「prop firm match」という2つのサイトを利用して判断しています
  • ある程度評価が高くないと、ポンジスキームを始めとした詐欺の可能性が高いため注意

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
プロップファーム 安全性 Fintokei FundedNext FundingPips
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: