XS エックスエス スプレッド 狭い 

【pipsの調べ方も】XS(エックスエス)スプレッドの狭さについて徹底解説

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・XS(エックスエス)のスプレッドってどれくらい狭い?
・他社と比較してXS(エックスエス)のスプレッドはどうなの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「XS(エックスエス)スプレッドの狭さについて徹底解説」という記事となります
  • XSスプレッドの狭さが重要な理由は?
  • 他社と比較してXSスプレッドがどれほど優れているか?
  • 狭いスプレッドがトレーディング戦略にどのようなメリットをもたらすか?

 

XSのスプレッドの狭さはトレードコストを削減し、トレーディング効率を大幅に向上させます。

スキャルピングやデイトレードなどの短期取引戦略を用いるトレーダーにとって特に重要と言えるでしょう。(かく言う私もそうです。)

 

記事の前半では『XSスプレッドの狭さを他社と比較した結果』について解説し、なぜXSがトレーダーにとって最適な選択肢であるかを明らかにします。

記事の後半では『XSスプレッドの狭さがトレードに与える5つのメリット』について詳しく解説します。これにより、トレーディングコストを削減し、利益率を向上させる方法を学べます。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

XS(エックスエス)スプレッドの狭さを他社と比較した結果

XS(エックスエス)のスプレッドの狭さを様々な側面から他社と比較してみたところ、いくつかの点で他社よりも優れていることがわかりました。

この記事ではXSのスプレッドが他社と比べてどのように優れているかについて、詳しく解説します。

  • 他社よりも低いスプレッドを提供する努力をしている
  • 通貨ペアによっては最も低いスプレッドを提供している

上記の2点について詳しく解説していきます。

他社よりも低いスプレッド提供する努力をしている

まず前提条件として、XSのスプレッドは常に他社と比較されています。改善を繰り返していかないと他の海外FXに乗り換えられるため常に改善をしています。

ただXSのスプレッドは日本市場に進出した時点で既に低水準です。詳しくは後述しますがメジャー通貨の一部などは業界TOPのレベルで提供されています。

 

ちなみにスプレッドを低くするための具体的なやり方としては以下のような方法があります。

  • 技術的な最適化によりコストを削減
  • 市場動向のリアルタイム分析による効率的な価格設定
  • 多様な流動性プロバイダーとの連携によるスプレッド縮小

トレーダーに対して積極的に還元しているXSだからこそ、スプレッドを他社よりも狭く提供できていると言えるでしょう。

当然投資家にとっては取引コストの削減に直結しますので、大きなメリットと言えます。ぜひ、そのメリットを実感してみてください。

通貨ペアによっては最も低いスプレッドを提供している

特定の通貨ペアでは、XSのスプレッドが市場で最も低い水準になっています。理由としては通貨ペアごとの市場状況を精密に分析し、最安のスプレッドを提供しているからです。

ちなみにXSではリアルタイムのスプレッドを公式サイトからチェックすることができます。上記画像のように「契約仕様」の部分から確認することが可能です。

公式:XS.com

 

スタンダード口座でもUSDJPYが1.2pips~とかなり低い水準であることが分かります。このスプレッドが原則安定しているというのが強みでもあります。

我々トレーダーは自分の取引スタイルや戦略に最適な通貨ペアを、最も有利な条件で取引することができるのです。

XSスプレッドの狭さがトレードに与える3つのメリット

XS(エックスエス)のスプレッドの狭さがトレードに与えるメリットは、トレーダーにとって大きな影響を与えます。

後半ではスプレッドの狭さがトレードにどのようなメリットをもたらすのか、具体的に解説していきます。

  • 取引コストの削減による利益率の向上
  • スキャルピングやデイトレード戦略に生かせる
  • 指標発表時のスプレッド拡大が少ない

取引コストの削減による利益率の向上

まずXSのスプレッドの狭さは、取引コストを大幅に削減することにつながります。トレード一回あたりのコストが低くなり、利益率が上がるからです。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 少額の資金でも効率的に運用することができる
  • 取引の頻度を増やしてもコストが重くならない

これらの点から、スプレッドの狭さは利益を最大化するための重要な要素と言えるでしょう。

スキャルピングやデイトレード戦略の効率化

次の理由として、狭いスプレッドはスキャルピングを始めとした短期取引戦略に向いています。

取引回数が多く、小さな価格変動を利益に変える戦略では、スプレッドの狭さが直接的に収益性に影響します。取引が多ければ多いほど手数料でゴリゴリ削られますし…。

 

スキャルピングなど以外でも以下のようなトレーダーにとってはおすすめです。

  • 短期間で小さな利益を積み重ねたいトレーダー
  • 市場の微細な動きを読むのが得意なトレーダー
  • 少ないリスクでコンスタントに利益を出したいトレーダー

スキャルピングやデイトレードを行う際には、スプレッドの狭い取引業者であるXSを使いましょう。

ニュースリリース時のスプレッド拡大が少ない

FXで欠かせない指標発表時は、市場のボラティリティが高まり多くのトレーディングチャンスが生まれます。一撃トレードも可能ですよね。

XSのスプレッドは、このような時でもスプレッドの拡大が少ないです。加えてレバレッジの制限もかからないので指標発表時トレードはXSがおすすめです。

この点が、多くのトレーダーにとって大きな安心材料となります。かく言う私も実際にトレードしていて他の取引会社よりもXSが優れていると感じています。

XS公式サイトでスプレッドをチェックする

公式:XS.com

まとめ

今回は「XS(エックスエス)スプレッドの狭さ」について徹底解説しました。

  • XSではリアルタイムでスプレッドを確認することができる
  • XSのスプレッドは他社と比較してもかなり狭い。高水準のスプレッド

あなたがトレーディングでより良い結果を求めているのであれば、XS(エックスエス)のように狭いスプレッドを提供するプラットフォームの利用を検討することをお勧めします。

それによって、取引コストを最小限に抑えつつ、利益を狙うチャンスを広げることが可能になるでしょう。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

↓海外FX「XS」に関する解説記事はこちらから↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

スポンサーリンク
XS エックスエス スプレッド 狭い 
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: