【複数で比較】XS(エックスエス)とExness(エクスネス)を5つの側面から徹底比較してみた!

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・XSとExness、どちらのブローカーを選ぶべき?
・スプレッドや取引コストは違うのか?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「XS(エックスエス)とExness(エクスネス)を5つの側面から徹底比較してみた!」という記事となります
  • XSとExnessの比較(スプレッドや口座タイプなど)
  • それぞれの安全性や快適性などを比較

この記事を読み終えることで、自分にとって最適なFXブローカーを選ぶための知識が身につき、より効果的なトレード戦略を立てることができます!

 

記事の前半では『XS.comとExnessを5つの点で比較』について解説し、記事の後半では『実トレーダーのリアルな声:ExnessとXS.comの評価』について解説します。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

XSとExnessを5つの点で比較してみた

XS(エックスエス)Exness(エクスネス)は、それぞれ異なる特徴を持っています。実際両方を使っている筆者が両社の比較をしてみました。

  • スプレッドと取引コスト
  • 口座タイプとカスタマイズ性
  • レバレッジと取引条件
  • 取り扱い商品の多様性
  • サポートとユーザビリティ

と言うトレーダーにとって必要なポイントに焦点を当ててそれぞれ解説していきます。

スプレッドと取引コスト

まず最初の比較対象はスプレッドと取引コストについてです。トレーダーにとって最も大切といえるこの部分はXSExnessで大きな違いがあります。

まずXSは一般的に低スプレッドです。スタンダードタイプの口座でも平均で1.1pipsで、プロタイプの口座だと0.7pips程度になります。

ただこれに関してはExnessも同程度のスプレッドの狭さを証明しています。

 

しかしこの両者のスプレッドの違いが顕著に出てきたのは「仮想通貨」の項目です。画像で示している通りXSでのビットコインを始めとするスプレッドは非常に狭いです。

一方でExnessも仮想通貨のスプレッドは狭いことで知られていますが、変動幅が激しくトレードをしようと思った際にはめちゃくちゃ広がっているなんてことも。

 

そのため大切になるのが「トレーダーであるあなたがどの商品を主力でトレードを行うか」と言うこと。具体的な取引条件を比較することが重要です。

基本の通貨ペアに関してはどちらでもOKですが、仮想通貨などをメインとするならXSに軍配が上がると言えるでしょう。

口座タイプとカスタマイズ性

次に比較するのは口座タイプとカスタマイズ性です。XSとExnessではそれぞれ6種類と5種類の口座タイプを提供しています。

XSで提供している6種類はそれぞれ「スタンダード・マイクロ・セント・プロ・エリート・VIP」。

Exnessは「スタンダード・セント・プロ・ロースプレッド・ゼロ」の5種類を提供しています。

 

口座タイプに関してはどちらのブローカーも高いカスタマイズ性を誇り、トレーダーが自分に最適な取引環境を構築できるようにしています。

通常の口座タイプであればだれでも安定的にトレードできますし、プロ用であれば通常よりもスプレッドを狭くトレードすることができます。

そのためトレーダーの取引環境の1つである口座タイプについては、両者どちらでもOKと言えます。

レバレッジと取引条件

次に比較するのはレバレッジと取引条件ですが、XSとExnessは異なるアプローチを取っています。

XSでは最大レバレッジ2000倍の提供ですが、他の取引商品も他社より高いレバレッジ水準を示しています。(ビットコイン500倍・他200倍など)

基本的にレバレッジ2000倍あれば少額で十分に利益を狙うことができることから、レバレッジの不足はほぼ起こらないと言っていいでしょう。

 

一方でExnessは業界の中でも唯一と言っていい「無制限レバレッジ」を提供しています。そのため少額からのハイレバトレードをしたい方に向いています。

10万円あればドル円10~20lot張ることもできるので、少額から一攫千金を狙うことが難しくありません。リスクを限定的にすることも可能です。

 

レバレッジと取引条件は、トレーダーのリスク許容度や取引スタイルに合わせるのが重要です。

  • トレードに安定性や安心性を求めるならXS
  • ハイレバレッジトレードを中心に行うならExness

自分が今後行うであろうトレードスタイルに合わせて、取引業者を選択してください。

取り扱い商品の多様性

次に比較するのは取り扱い商品の範囲ですが、XSとExnessそれぞれに強みがあります。

  • XSはトレード業界の中でもコモディティを取り扱っている
  • XSは業界では珍しい700種類以上の株式を取り扱っている
  • Exnessは取引商品の種類が比較的多い(どのジャンルも)

一般的な通貨ペアや貴金属などの、メインどころをトレードするのであればそこまで気にする必要もないですが、ニッチなジャンルの場合はぜひチェックしてみて下さい。

サポートとユーザビリティ

最後に比較するのサポートとユーザビリティです。XSExnessはどちらも、トレーダーにとって使いやすい環境を提供することに力を入れています。

XSは特にユーザーインターフェースの使いやすさで高い評価を受けています。

  • 初心者でも簡単に操作できる直感的なプラットフォーム
  • トレードに必要な情報へのアクセスが容易
  • マルチデバイス対応でどこからでも取引可能

 

一方、Exnessもユーザビリティとアクセシビリティに優れたサービスを提供しています。

  • 24時間対応の多言語カスタマーサポート
  • ユーザーフレンドリーな取引環境
  • 高度な取引ツールと分析ツールの提供

また、両社ともに教育資料や市場分析を提供しており、トレーダーが市場知識を深めるのに役立てることができます。

 

サポート体制に関しては、両社とも迅速で親切な対応を心掛けており、トレーダーからの問い合わせやトラブルに対して、的確に対応しています。

トラブルの早期解決は信用問題に引っかかるので、こういう所はトレード前にチェックしましょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

XSのメリット:初心者からプロまで幅広く対応する4つの部分

XS(エックスエス)は、初心者からプロトレーダーまで幅広く対応するメリットが4つあります。

  • 最狭スプレッド0.0pipsからの提供
  • 豊富な金融ライセンスによる信頼性
  • 多様な取引プラットフォームの選択肢
  • 日本語サポート対応

最狭スプレッド0.0pipsからの提供

まず最初のメリットは最狭スプレッドが0.0pipsからと言うことです。XSは他の取引会社に比べても十分に狭いスプレッドを提供しています。

特に、0.0pipsからの最狭スプレッドは、コストを抑えたいトレーダーにとって大きなメリットです。

  • 取引コストの削減に直結する
  • 短期取引において大きなアドバンテージ
  • 幅広い通貨ペアで低スプレッドを提供

このような低スプレッドは、特にスキャルピングやデイトレードを行うトレーダーにとって、重要な選択基準となります。

豊富な金融ライセンスによる信頼性

XSは、複数の国と地域で認可された金融ライセンスを保有しており、その信頼性は高く評価されています。キプロスやオーストラリアを取得しています。

また今後ライセンス最難関のイギリスの取得に動く他、ロイズ保険にも加入しているのでより安定したトレード環境になると言えるでしょう。

多様な取引プラットフォームの選択肢

XSは、MT4やMT5といった人気の高い取引プラットフォームの提供に加え、独自のウェブトレード環境も提供しています。

トレーダーが自分の取引スタイルや好みに合わせてプラットフォームを選べることは、快適な取引環境を整える上で非常に重要です。

日本語サポートの提供

XSは日本市場に力を入れ始めてから、日本語でのサポートを提供しています。我々日本人トレーダーにとってはこのサポートの有無は本当に大切です。

  • 日本語での問い合わせ対応
  • 日本語による教育資料の提供
  • 日本語サポートによる安心感

日本語でのサポートがあることで、トレーディングに関する疑問や問題を迅速に解決でき、特に日本のトレーダーにとっては大きなメリットとなります。

 

XSのこれらのメリットは各トレーダーのニーズに応える柔軟性と、信頼性の高い取引環境と言えます。これらがXSの大きな強みとなっています。

実トレーダーのリアルな声:ExnessとXSの評価

最後に、実際のトレーダーたちからのリアルな声をもとに、ExnessとXSの評価をまとめました。

※後述しますがXSは日本市場に出て日が浅いので、まだ口コミなどはありません。今後口コミ等が増加した場合は追記していきます。

Exnessの評価

Exnessは日本市場に出て3年ほどですが、既に日本人トレーダーから高い評価を受けています。

  • 無制限レバレッジをフルに使ったハイレバトレードができる環境
  • 低コストでの取引が可能なプロ口座

Exnessはハイレバレッジのトレード環境と業界TOPクラスのスプレッドの狭さと言う2つの武器を使ってトレーダーに最高のトレード環境を提供しています。

 

一方で以下のような懸念点も示されています。

  • スプレッドの開きが広すぎる
  • リクオートが頻発する

そのためスキャルピングを始めとした比較的短期のトレードの場合は、注意が必要かもしれません。

XSの評価

XSは、新興ブローカーながらも高い信頼性で注目を集めています。

特に初心者からプロトレーダーまで幅広いユーザーが安定・安心して利用できる環境は、多くのトレーダーに評価されています。

  • 新興ながらも信頼できるブローカーとしての地位を確立
  • 幅広いユーザーに対応するサービス提供

XSは、新興ブローカーとしてのポテンシャルと、初心者からプロまでをカバーする包括性で、市場に新たな選択肢を示しています。

 

ただし、口コミがまだ少ないため、実際のサービスの質やユーザビリティについては、これからの評価に注目が集まっています。

これらの評価は、実際のトレーダーたちの体験に基づいており、トレーディングプラットフォーム選びにおいて有用な情報となるでしょう。

まとめ

今回は「XS(エックスエス)Exness(エクスネス)を5つの側面から徹底比較してみた!」について徹底解説しました。

  • 取引コストやスプレッドなどはほぼ同じ
  • 約定力・安全性などはXSの方に軍配が上がる
  • 無制限レバレッジなどを使用するならExnessの方が良い

Exnessは約定力の高さとスプレッドの低さで好評を得ていますが、リクオートに関する指摘もあり、トレーダーによっては注意が必要です。

一方、XSは新興ブローカーながら高い信頼性を誇り、幅広いユーザー層に対応していますが、口コミがまだ少なく、今後の評価が待たれています。

 

是非上記の比較情報を参考にして、自分が良いと思ったブローカーを選択してほしいと思います。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

↓海外FX「XS」に関する解説記事はこちらから↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: