【徹底分析】XS(エックスエス)にボーナス制度が存在しない理由を詳しく解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・XSにボーナス制度が搭載されていない理由は?
・XSではボーナス制度以外に何が提供されている?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「XS(エックスエス)にボーナス制度が存在しない理由を詳しく解説します」という記事となります
  • XSを始めとした一部の海外FXがボーナスを提供していない理由
  • XSではボーナスを提供しない代わりに何を提供しているのか?

この記事を読み終えることで、ボーナス制度がない海外FXの実情を理解し、XSが提供するサービスについての知見が深まります。

 

記事の前半では『ボーナス=会社の規模に比例する』について、記事の後半では『ボーナスがない分トレード環境が良い』について解説します。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

XS(エックスエス)にボーナス制度がない理由

まず結論から述べますが、XS(エックスエス)ではボーナス制度の一切を行っていません。他の海外FXであるExnessもこのスタイルを採用しています。

ではなぜXSはボーナス制度を設けていないのか、その背景について詳しくチェックしていきます。

  • ボーナス=会社の規模に比例する
  • ボーナスがない分トレード環境が良い
  • XSでは3000円のCBを実施中
  • ※今後他のサービスを展開予定

ボーナス=会社の規模に比例する

まずボーナス制度についてですが

  • 入金ボーナス(入金したらボーナスの付与)
  • 口座開設ボーナス(口座を開設しただけでボーナスを付与)
  • その他特殊例あり

と基本的には上記の3つのうちのどれかに当てはまることになります。

 

ここで知ってほしいのは、多くの場合ボーナスの有無やその規模は会社の大きさに左右されるということです。

例えば海外FXの日本市場最大手であるXMでは、口座開設で13000円分のボーナスを提供していますがこれはXMの会社の基盤力があるからできること。

 

XSは日本市場ではまだまだ新興ブローカーで、トレーダーに対して還元できるだけの力は無いと言えます。

加えてXSの企業方針としてボーナス制度を提供しないと決めているとのことなので、今後XSでボーナス制度を使えることは無いと思われます。

行き過ぎたボーナス制度は破滅の可能性あり

過去にはボーナス制度を積極的に提供した結果、実はポンジスキームもどきだった事例もあります。

2021年くらいまではボーナス制度1強だった海外FXも、今は安定性や安心性を重視する時代になって生きているわけです。

もしボーナス制度を利用してトレードをしたいと考えている場合でも、どうか安定性の高い海外FXを選択するようにしてくださいね…。

ボーナスがない分トレード環境が良い

ただしXSを始めボーナスがない海外FXは、トレーダーに還元するその資金を他の部分に回しています。具体的には、トレード環境の向上に力を入れているのです。

  • 業界TOPクラスのスプレッドの狭さ
  • 約定力の向上のために安定サーバーとの契約
  • 日本語サポートの充実

良いトレード環境が、結果として大きなリターンを生むことに繋がります。

 

特にトレード環境の中でもスプレッドの狭さは大事です。毎回のトレードで発生するコストを下げることに繋がるわけですから。

【pipsの調べ方も】XS(エックスエス)スプレッドの狭さについて徹底解説

XSでは3000円のCBを実施中

ちなみに現在XSでは、ボーナス制度の代わりに3000円のキャッシュバック(CB)を実施しています。

これは、トレーダーにとって直接的な利益となるため、非常に魅力的なオファーです。また現金支給なのでこのキャッシュバックは出金が可能です。

  • XSのスタンダード口座を開設する
  • スタンダード口座に200ドル以上の入金を行う
  • 通貨ペアかゴールドを合計2lot以上トレードする
  • 合計5ポジション以上クローズする

 

詳しい解説記事は別記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

【お得に始める】XS(エックスエス)期間限定3,000円キャッシュバックキャンペーンの紹介

※今後他のサービスを展開予定

XSでは、ボーナス制度がない代わりに、今後さらに多くのサービスを展開する予定です。(日本市場責任者の方からお伺いしました)

内容の先出しは出来ませんが、これらのサービスは、トレーダーが成功するためのサポートになるでしょう。(聞いていて面白そうでした!)

 

XSは、ボーナス制度を設ける代わりに、トレーダーの成功を直接支援することを選んでいます。

このような方針は、長期的に見れば、トレーダーにとって最も利益をもたらすものと言えるでしょう。

公式:XS.com

まとめ

今回は「XS(エックスエス)にボーナス制度が存在しない理由」について徹底解説しました。

  • ボーナス制度=海外FXの基盤を意味する
  • 過度なボーナス制度はポンジスキームの可能性が高い
  • XSは「3000円のキャッシュバック」や他のやり方でトレーダーに還元している

今後、XSでは他のサービスの展開も予定しており、これらの新しい取り組みを通じて、従業員に対するさらなる利益や機会を提供することを目指しています。

 

2024年から新しく日本市場に登場した海外FXの「XS(エックスエス)」ですが、おそらく今後日本で使用ユーザーが急速に伸びると考えています。

当ブログでは新興ブローカーのXSをどこよりも詳しく解説していきます。FXを始めてみたいと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

↓海外FX「XS」に関する解説記事はこちらから↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※初めての海外FXに「XS(エックスエス)」をおすすめする理由(リンクは解説記事です)

  1. 海外FX最高水準のレバレッジ(最大2000倍・ビットコイン500倍)
  2. ゼロカット制度完備・ロスカット率20%
  3. 海外FX高水準のスプレッドの狭さ(Exnessより狭い商品も!)
  4. 取引商品100種類越え(基本商品は全て完備済み)
  5. トレーダーのニーズに合わせた口座タイプを完備
  6. 業界では珍しい補償保険加入(顧客1人につき最大500万ドル)

筆者も同時に使っているExnessよりも、安全性と使用感をより強化した海外FXのXS。初心者が最初に選ぶべきおすすめの海外FXと言えるでしょう。

XS(エックスエス)
5.00


2023年末から日本市場に参入ながら、取引所としては大手を超える実力。最大レバレッジ2000倍・ゼロカット制度・補償保険加入・業界最高クラスのスプレッドなど、メインで使えるおすすめの取引所です。安全性と使用感を選ぶなら、XSがおすすめ。

公式:XS.com

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: