TariTaki タリタリ マネチャ キャッシュバック 比較 どっちが良い

【キャッシュバック】TariTali(タリタリ)とマネチャ、使うならどっちが良いか徹底解説!

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・キャッシュバックサイトのおすすめは?
・タリタリとマネチャはどちらがいいの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
本記事は「TariTali(タリタリ)とマネチャ、使うならどっちが良いか徹底解説」という記事となります

 

海外FXは日本FXに比べてスプレッドが広めに設定されているというデメリットがありますが、「キャッシュバックサイト」を使用することでスプレッドの一部をキャッシュバックすることが可能です。

キャッシュバックサイトの業界最大手が「Taritali(タリタリ)」という会社なのですが、今回は「タリタリとマネチャの比較」を解説します。

  • キャッシュバックサイトの比較
  • 大手2社(タリタリとマネチャ)はどちらが良いのか?

この2点について解説していきますので、ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

 

※海外FXユーザーが必ずTaritali(タリタリ)を使うべき理由(下記は全て解説記事になっています)

  1. 海外FXの広いスプレッドの一部をキャッシュバック
  2. 業界TOPクラスのキャッシュバック率(Exnessなら最大45%越え)
  3. 保持制限がないブローカーが多い(スキャルピングに最適
  4. 出金拒否などの問題は無し(ブローカー側の問題はあるので注意)

もしまだ使ったことがないのであれば、はっきり言って損してます。無料なのでサクッと登録しちゃいましょう!

TariTali(タリタリ)
5

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

海外FXを使うなら合わせて使いたいキャッシュバックサイト。業界最大手のTaritaliはスプレッドの45%以上(Exness)をキャッシュバックしてくれます。5分で登録できるので口座開設と合わせて登録しておくのが海外FXトレーダーの必須条件。

TariTali(タリタリ)とマネチャ、使うならどっちが良い?

TariTaki タリタリ マネチャ キャッシュバック 比較 どっちが良い

海外FXのキャッシュバックサイトは様々ありますが、大多数のトレーダーが使用しているのは

  • TariTali(タリタリ)
  • Money Charger(マネチャ)

の2つのうちどちらかであると思います。筆者はTariTaliしか使用していませんが、マネチャにも特殊なシステムやメリットがあるので解説させていただきます。

ただし最初に筆者の結論を述べるなら、軍配は「TariTali」に上がる結果となりました。

 

今回は以下の項目ごとに比較をしていきます。

  1. 取扱業者数
  2. キャッシュバック率
  3. 出金に関すること(出金拒否・出金スピード・申請頻度)
  4. 会社独自のサービス
  5. 総合評価

ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

※以下簡易表になります。

TariTaliマネチャ
取引対応業者21社8社
キャッシュバック率高い普通
最低出金額1500円1000円
出金拒否今のところ無し今のところ無し
出金方法国内銀行、海外銀行、bitwalletsticpay国内銀行のみ
出金申請間隔週1程度が推奨毎日(いつでも)
着金時間1~3営業日以内1~3営業日以内
独自のサービス随時開催随時開催

取扱業者数

まず最初に比較するのは取引業者数です。取引業者数が多ければ多いほど、我々トレーダーのニーズを満たしてくれていると考えられます。

(と言っても信用できるトレーダーを使用しないと、最悪の場合出金停止などが起こりかねませんのでご注意ください。)

TariTali(タリタリ)

Taritaliでは現在21社と提携をしています。大手海外FXや有名どころの海外FXであれば問題なく提携できるかと思います。

筆者が考える大手3強である「XM・Exness・FXGT」は問題なく使用できますし、他にもAxioryやThreetraderなど日本人トレーダーが使うところもしっかり提携しています。

筆者はExnessとXMを併用していますが、急に提携停止になるなんてことも経験していません。

マネチャ

マネチャはタリタリと比べて新興業者なので、まだ取り扱い業者が少ないのが特徴です。

  • 業界最大手のXMとは提携していない(Exness・FXGTは提携済み)
  • 新興ブローカーとの提携が多い(IS6FX・jadeforex・FXFair)

※ただし新興ブローカーは信用性が低く、Taritali側が提携を解除したところもあります。

キャッシュバック率(メイン口座)

次にキャッシュバック率を比較していきます。今回は最もスタンダードなメイン口座同士で比較していきますので、参考にしていただければ幸いです。

(※比較していくのは両者が提携している中で大手のExness・FXGTの2社をメインとします)

 

※ちなみにここに記載していない「TitanFX・HFM・Axi」は海外FXWikiの評価が少し低めのため、開設から除外しています。(評価が10段階中7以下)

全ての会社でキャッシュバック額はTariTaliの方が多いということを追記しておきます。

Exness

TariTaliマネチャ
スタンダードスプレッドの45.75%スプレッドの40%
ソーシャルスタンダードスプレッドの45.75%スプレッドの40%
スタンダードプラス0.51USD〜153USD0.51USD〜153USD
プロスプレッドの33%スプレッドの25%
ロースプレッド・ゼロ0.09USD〜27.66USD0.09USD〜27.66USD

口座ごとにキャッシュバック額は異なりますが、スタンダード口座とプロ口座に関してはTariTaliを使用した方がお得ということが判明しました。

FXGT

TariTaliMoney Charger
スタンダード+9.5USD9USD(メジャー通貨)
9USD~11.7USD(マイナー通貨)
セント9USD9USD
9USD~11.7USD(マイナー通貨)
ミニ9.5USD9USD
9USD~11.7USD(マイナー通貨)
プロ1.425USD
ECN1.425USD1.35USD

通貨ペアごとに異なりますが、基本的な通貨ペアなどをトレードするのであればTariTaliを使うのが間違いないと思います。マイナー通貨の中でもスプレッドが広い物であればマネチャを使用するとお得になります。

※XMを使用する場合

海外FXの最大手と言われるXMを使用する場合はマネチャではなくTariTaliを使用してください。

というのも提携しているのがTariTaliしかないからです。他のキャッシュバックサイトでも提携していますが、キャッシュバック額最大はTariTaliになります。

TariTali公式ページはこちらから

最低出金額・出金拒否・着金スピード・申請頻度

次にキャッシュバックの出金に関する項目です。せっかくキャッシュバックを手に入れることができても自分の口座に入ってこなければ意味がありません。

  1. 最低出金額について
  2. 出金拒否の有無について
  3. 着金スピードについて

今回は上記の3点について比較をしていきます。

最低出金額について

最低出金額についてですが、以下のように定めています。

  • Taritali 1500円
  • マネチャ 1000円

取引量が最低ロット(0.01lot)やマイクロ口座などを使用している人であれば、出金まで時間がかかるのでマネチャを使用した方が良いでしょう。

0.1lot以上取引ができるのであれば1500円は比較的すぐにたまるので、Taritaliを使用した方がキャッシュバック額的にも最適です。

出金拒否の有無について

Taritali・マネチャともに出金拒否を受けたという報告は確認できていません。Taritaliは累計200億以上の出金実績があるので信ぴょう性は高いでしょう。

マネチャは会社設立からまだ1年程度しか経過していないので、今後の動向に注目されます。

着金スピードについて

TariTali・マネチャともに1~3営業日という基準を提示しています。今までTariTaliをした限り

  • 平日中の申請であれば翌営業日中に口座反映
  • 金~日曜日の申請は月曜日に口座反映
  • 祝日は反映されないので注意

という反映速度なので、特に支障なく使用できています。

会社独自のサービス

最後に会社独自のサービスについて解説していきます。両者とも特徴のある還元サービスがあります。

TariTali(タリタリ)

Taritaliはその認知度と影響力の強さから、たびたびブローカーとタイアップ企画を提携しています。

【エントリー必須】Axi×Taritali(タリタリ)9月のライブトレーディングコンテストの紹介と解説

【TariTali追加特典も】第4回FXGT公式トレード大会について解説します【賞金総額2500万円】

 

他にもタイアップ企画として、入金ボーナスや手数料割引などが行われています。TariTali経由で口座を開設するだけで恩恵を受け取れるので要チェックですよ!

マネチャ

マネチャには累計のキャッシュバック額に応じたプレゼントキャンペーンがあります。キャッシュバックマラソンと呼ばれる制度です。

画像はキャッシュバック額の一部ですが、後半になると賞品の内容が豪華になっていきます。

マネチャを生涯使うと考えるのであれば…とも思いましたがそもそもキャッシュバック額総額1000万円とか少額トレーダーには達成できそうにないです。

まとめ

今回は「TariTali(タリタリ)とマネチャ、使うならどっちが良いか」について徹底解説しました。

  • キャッシュバック額や会社が行うサービスを総合的に評価するとTariTaliに軍配が上がる
  • TariTaliで対応していない取引業者であれば、マネチャを使うのが最適解と言える

当ブログでは海外FXに加えて、ユーザーが必ず利用するべきキャッシュバックサイトの「Taritali」の解説もしています。

興味があればぜひ他の記事も読んでいただけると嬉しいです。ありがとうございました!

 

↓Taritaliの解説記事はこちらから↓

  1. Taritaliとは何か(キャッシュバックサイトの解説)
  2. Taritaliを使用する際の注意点
  3. Taritaliと相性抜群の海外FXブローカーについて
  4. Taritaliアフィリエイトの始め方(トレーダーかつ、SNSユーザー・ブロガー向け)

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※海外FXユーザーが必ずTaritali(タリタリ)を使うべき理由(下記は全て解説記事になっています)

  1. 海外FXの広いスプレッドの一部をキャッシュバック
  2. 業界TOPクラスのキャッシュバック率(Exnessなら最大45%越え)
  3. 保持制限がないブローカーが多い(スキャルピングに最適
  4. 出金拒否などの問題は無し(ブローカー側の問題はあるので注意)

もしまだ使ったことがないのであれば、はっきり言って損してます。無料なのでサクッと登録しちゃいましょう!

TariTali(タリタリ)
5

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

海外FXを使うなら合わせて使いたいキャッシュバックサイト。業界最大手のTaritaliはスプレッドの45%以上(Exness)をキャッシュバックしてくれます。5分で登録できるので口座開設と合わせて登録しておくのが海外FXトレーダーの必須条件。

【必読】FXに挑戦する方へ

2018年に、日本政府は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。

また市場の調査では2022年時点で副業をしている人は約20%に及び、副業をしたいという人を含めると約60%もの日本人がいるということをご存じでしょうか。

度重なる増税や収入減、ライフステージが上がるごとにお金というものは必要になります。その時に今やっている仕事だけで本当に乗り越えられるのでしょうか。

 

節約は重要ですが、それだけでは限度があります。そんな中もしも副業に挑戦して

  • 月に数万円の副収入を達成して、生活が少し楽になったしゆとりができた!
  • 毎月のお小遣いに少し利益を重ねてちょっぴり高級なランチが食べれそう!
  • 高校・大学生活は何かとお金がいるけど、副業のおかげでバイト入れすぎないで済みそう!

となれば、はっきり言って最高じゃないですか!?だからこそ、この部分を読んでいる皆さんには副業に挑戦してもらいたいのです。

 

実際私は様々な副業に挑戦し、失敗し、挑戦を繰り返して、現在は3つの副業に挑戦しています。

  1. ブログ(当ブログ「ボルトレ」)
  2. 投資(海外FXのExnessを使用・自動売買トレードも実施)
  3. SNS運用(Twitter・instagram)

 

そしてこれから副業に挑戦したいと考えている方は、ぜひ投資に挑戦してほしいと思っています。

  • 投資って怖くない?貯金の方がいいんじゃない?
  • 損するから投資は嫌だ!

という方の意見もごもっともです。まったくもってその通りだと思います。

 

ただし、今の日本はある程度投資に対する地盤が整備されており、日本人も現状を変えたいと考えているのか、投資に積極的という事実もあります。

下記の通り、約1600万人の人がNISAに挑戦していることが見て取れますよね?この人たちはすでに将来のために行動しているのです。

2022年9月末の証券会社のNISA総口座数は1,144万口座であり、2021年末と比較して3.2%増加した。同月末のつみたてNISA口座数は466万口座であり、2021年末の339万口座から37.6%増加した。

引用:NISA口座開設・利用状況調査結果 (2022年9月30日現在)より一部引用

ただ残念ながらNISAもつみたてNISAも最終的な収支は20年後に分かります。時間の効果により20年後収支が+の可能性は非常に高いです。

 

ただしお金がない私は20年後なんて待ってられないし、明日にはもう自分はいなくなっているかもしれない中で将来の展望もわからない。

だからこそ私は毎月数万円を稼いで生活を安定させるために、「FX」という分野に挑戦することにしました。

安定収入になるまでに私は約3年かかりましたが、本気で取り組めば1年~2年で収益を安定させることは十分可能です。

 

FXは借金というイメージがある方。2023年の今は取引会社の選択を間違えなければ、借金を負うリスクは99.9%で0にできます。

FXは勝てないというイメージのある方。ブログやYoutubeという長期的な副業ですら勝てない人がいる中で、FXは勉強と努力次第で勝てる可能性を秘めています。

FXで勝てるのは運だろと言う方。運の要素を私たちの自己管理で可能な限り排除し、安定な収支にすることは可能です。

 

ここまで見てくれたあなたが

  • 本気で月に1万円から稼げるようになりたい
  • 投資にかけるだけの余剰資金が少なくて、副業に挑戦できない
  • 時間をかけるよりも短期的にコツコツと稼いでいきたい

と考えているのであれば、私は「海外FX」をおすすめします。皆さんが稼いでいく手助けをこのブログ・SNSで全力でしていきます。

 

そして今すぐ動いてください。相場は永遠にありますが初心者を脱却するためには1秒でも早く勉強・実践した方がいいに決まっています。

今よりも1年後、あなたの生活が豊かになっているためには今の自分を奮い立たせて動くしかないのです。

 

FXについてわからないことが多くても、このブログは脱初心者向けの記事が多いので、読んでくれる皆様の参考になると思います。

またこれから挑戦する方向けのInstagramの記事もありますのでぜひフォローいただければと思います。

 

※もしFXを始めたいというのであればみりんはExnessを推奨しています。

初心者に安心の「ゼロカット制度」を搭載している海外FXです。必要以上のリスクを背負う必要は無くなります。

初心者だからこそ安全性の高い海外FXを選択し、コツコツ稼げるようになってほしいので私はExnessをおすすめします。

Exness(エクスネス)
5

スプレッド0.0pips~・無制限レバレッジ・ゼロカット制度・スワップフリーなど他の業者では見られない最高の環境が提供されています。ライセンス取得による安全性も高いので、最初の取引所として選ぶならExnessが一番おすすめ!

 

【追記】

最近Exnessで有名なソーシャルトレード(いわゆるミラートレード)を始めました。

理由としては自分だけでトレードをすると、どうしてもメンタルが崩れてしまう時があるからです…。

  • 利益を出しているトレーダーの取引に全乗っかり(裁量トレードのミラートレードは珍しい)
  • 利益が安定して出ているEAの取引に全乗っかり

することが可能な制度で、手数料はかかってしまいますがその分何もしなくても利益を出してくれています。

 

  • FXで自分でトレードするのは怖い…。損失がかさんでしまいそう。
  • 裁量トレードの利益をもっと安定しているところに入れられれば…。
  • FXの中でも上手くリスクヘッジできるようにしたい!

と考えている皆様でしたら、とても最適だと考えています。ぜひご検討ください。

【年利100%?】Exness(エクスネス)のソーシャルトレードの始め方を徹底解説【いいえ200倍】

スポンサーリンク
TariTaki タリタリ マネチャ キャッシュバック 比較 どっちが良い
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: