【初心者向け】海外プロップファーム「FundedNext」の特徴を徹底解説します!

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・海外プロップファームのおすすめを知りたい!
・最近聞いたFundingNextについて知りたい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
日本市場には進出していませんが、海外プロップファーム大手の「FundedNext」と言う会社をご存じでしょうか?
おそらく今後日本市場に出てくることは無いですが、プロップファームを検討している方にはおすすめの会社になります!

 

本記事は「海外プロップファーム「FundedNext」の特徴を徹底解説します!」という記事となります
  • 海外プロップファームFundingNextの特徴と内容について

知名度が少ないFundedNextですが、実際に利用していて今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。プロップファームを捜している人はぜひ検討を!

 

※FX初心者にFundedNext(ファンデッドネクスト)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. トレーダーのニーズに沿った複数のチャレンジ制度
  2. 業界では珍しい1段階認証タイプのチャレンジ制度あり
  3. 合格したらチャレンジステージで稼いだ15%が報酬としてもらえる
  4. 取引手数料が比較的安い

Fintokei・FundingPipsに比べてチャレンジプランが複数用意されており、合格時に高い報酬をもらえるのが特徴です。

業界では珍しい1段階認証を使って、最速でプロップトレーダーになるならFundedNextがおすすめ!

FundedNext
4.5

fundednext

筆者が使っているプロップファームの中で唯一「1段階突破型」の口座タイプがある取引会社。加えてプロになることができればチャレンジ利益の15%をお祝い金としてプレゼント。速攻で合格を目指すならFundedNextがおすすめ!

FundedNextの特徴について

それではまずFundedNextの特徴について、詳しく解説していきます。解説内容は個別記事でより詳しく解説していきますので、適宜参考にしてください。

FundedNextの特徴を軽く分析すると

  • 基本的にはFintokeiと変わらない
  • 業界では珍しい複数のチャレンジシステムを搭載
  • チャレンジ合格で報酬金あり(チャレンジ時に稼いだ金額の15%)
  • 取引手数料が比較的安め

と言う特徴があります。大手プロップファームであるFintokeiFundingPipsに比べてチャレンジの幅が広いというのが大きな特徴になります。

基本的にはFintokeiと変わらない

FundedNextFintokeiは多くの面で類似しているため、Fintokeiを知っている人には馴染みやすいと言えます。(ただしFundedNextは日本語対応していない。)

そのためFintokeiを使ったことがある方であれば、問題なく利用できると言えます。

  • 自分が挑戦したい口座タイプを選択して、購入する
  • 購入した口座を運用して一定額の利益を獲得する
  • プロトレーダーの認定を受けて、稼いだ金額の一定額を報酬として受け取る

基本的なプロップファームの流れは、FundedNextもFintokeiも変わりません。

 

しかしFundedNextはFintokeiと異なる部分が一部あります。

  • 初心者向けの6,000$プランあり
  • チャレンジプランが複数ある(業界では珍しい1段階タイプもあり)

以上のように、基本コンセプトはFintokeiに類似していながら、Fintokeiよりもトレーダーのニーズのために細分化したチャレンジプランを展開しています。

業界では珍しい複数のチャレンジシステム

Fintokeiはチャレンジプラン(2段階チャレンジ)と速攻プロプラン(チャレンジなし)の2つのプランが搭載されています。

しかしFundedNextは業界でも珍しい4つのプランを提供しています。

  1. Stellar(2段階タイプ)
  2. Stellar(1段階タイプ)
  3. Evaluation(制限時間搭載の安いタイプ)
  4. Express(チャレンジなしタイプ)

 

基本的にはStellarタイプを選択するのですが、まずこのタイプも2段階に分かれています。特におすすめなのが1段階で合格できるStellar1stepタイプです。

筆者もせっかくステップ1を合格したのに、ステップ2で弾かれた経験があります。そういった悔しさを無くしてくれるのがこの1stepタイプなのです。

  • 速攻プロプランよりたくさんのお金を扱いたい!
  • でも通常のプランだと合格できない…。

こういった方のニーズを埋めてくれるのがFundedNextの1stepタイプになります。

 

※ちなみにオプションを付けることで、さらに高度な口座に変更することもできます。

  • Swap free(スワップフリー口座)
  • Lifetime payout95%(合格後の報酬配分95%)
  • No minimum trading days(トレード日数制限なし)
  • 150% refunds(合格時報酬支払1.5倍)
  • Bi-weekly payout(支払い間隔を隔週に変更)

有料ですが、合格した後の恩恵がかなり高いので合格に慣れている方はオプションを付けるのもおすすめです。

チャレンジ合格で報奨金あり

FundedNextを使う最大のメリットですが、「チャレンジ時に稼いだ金額の15%が合格時報酬として支払われる」と言うものです。

この報酬体系は非常に珍しく、チャレンジで稼いだ金額=無駄と言う気持ちを無くしてくれるのがとても良い点だと思っています。

※ちなみにこの制度他で扱っているところは見たことないので、おそらくここだけだと思います。

取引手数料がFintokeiと変わらない

画像は口座の条件などが記載されているものですが、一番下のcommissionに書いてある通り、取引手数料が少ないのが特徴です。

Fintokeiと変わらないので、普通に問題なく利用できるトレード環境であると言えるでしょう。

FundedNextの始め方

それでは実際にFundedNextの始め方について解説していきます。

  1. FundedNext公式ページを開く⇒Client AleaからRegisterをクリック
  2. 登録の際の必要情報を入力する
  3. アカウント右上のMyprofileから個人情報の登録
  4. マイページからBillingをクリックし、購入したい口座を選択
  5. クレジットカード情報の入力を行う
  6. 購入した口座に対応するプラットフォームをダウンロードする

 

まず最初にFundedNextの公式ページにアクセスします。次のような画像が出てきますので、右上にある「Client alea」から「Register」をクリックします。

 

クリックすると登録の際に必要な情報を入力する画面が出てきますので

  • 苗字・名前
  • メールアドレス
  • 戸籍がある国家
  • パスワード

の上記4つを登録します。苗字と名前は英語表記で入力するのでご了承ください。

 

登録が完了したらマイページを開くことができるようになるので、画像右上にあるMyProfileから個人情報を登録しましょう。

  • 名前と苗字の最終チェック
  • 性別
  • 市区町村・市区町村以下
  • 郵便番号
  • 電話番号

上記を全て英語表記で登録する必要があります。入力が難しいと感じる場合は「君に届け」と言う住所などを自動変換してくれるツールを使用しましょう。

住所を英語表記に簡単変換 – 君に届け!

 

ここまで登録が完了したら、あとは自分が挑戦したい口座を購入するだけです。マイページからBillingをクリックして口座タイプを選択します。

 

入力が完了したら、最後にカード情報の入力を行います。筆者はカードでの購入しかしたことがないので仮想通貨での購入は解説しておりません。

※楽天カードを利用したら弾かれたので、メガバンクのカードを利用することを推奨します。

 

購入が正常に完了すると、登録したメールアドレスに対応する口座番号とパスワードが届きますので保存しておきましょう。これでトレード開始の準備が全て完了しました。

 

最後に登録した口座タイプに合ったプラットフォームをダウンロードします。FundedNextは基本的にMT4を使用します。

画像のようにUtilltiesから「FundedNext MT4 Download(Windows)」をクリックし、ダウンロードをしましょう。

先ほどのログインとパスワードを入力すれば、晴れてトレードができるようになります。お疲れさまでした!

FundedNext
4.5

fundednext

筆者が使っているプロップファームの中で唯一「1段階突破型」の口座タイプがある取引会社。加えてプロになることができればチャレンジ利益の15%をお祝い金としてプレゼント。速攻で合格を目指すならFundedNextがおすすめ!

まとめ

今回は「海外プロップファーム「FundedNext」の特徴」について徹底解説しました。

  • Fintokeiなどに比べてチャレンジ方法が細分化されている
  • チャレンジで稼いだ報酬の15%がもらえる特殊報酬制度

知名度が少ないFundedNextですが、実際に利用していて今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。プロップファームを捜している人はぜひ検討を!

 

↓FundedNext(ファンデッドネクスト)を始めるならこちらをチェック↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFundedNext(ファンデッドネクスト)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. トレーダーのニーズに沿った複数のチャレンジ制度
  2. 業界では珍しい1段階認証タイプのチャレンジ制度あり
  3. 合格したらチャレンジステージで稼いだ15%が報酬としてもらえる
  4. 取引手数料が比較的安い

Fintokei・FundingPipsに比べてチャレンジプランが複数用意されており、合格時に高い報酬をもらえるのが特徴です。

業界では珍しい1段階認証を使って、最速でプロップトレーダーになるならFundedNextがおすすめ!

FundedNext
4.5

fundednext

筆者が使っているプロップファームの中で唯一「1段階突破型」の口座タイプがある取引会社。加えてプロになることができればチャレンジ利益の15%をお祝い金としてプレゼント。速攻で合格を目指すならFundedNextがおすすめ!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: