Fintokei フィントケイ プロップトレーダー 

【プロトレーダー】Fintokei(フィントケイ)で目指すプロップトレーダーとは何か徹底解説します!

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・プロップトレーダーについて教えてほしい!
・プロップトレーダーのメリットは何があるの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)で目指すプロップトレーダーとは何か徹底解説します!」という記事となります
  • Fintokeiでなることのできるプロップトレーダーについて
  • プロップトレーダーのメリット・デメリットについて

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTOK00AX」使用で20%OFFで挑戦可能!

Fintokei(フィントケイ)で目指すべきプロップトレーダー

Fintokei フィントケイ プロップトレーダー 

海外では主流になってきていますが、日本ではまだなじみの少ない「プロップトレーダー」。FXをやっている人だと知っている人も多いかもしれません。

今後プロップトレーダーを目指す方のために、この記事では

  1. プロップトレーダーとは?
  2. プロップトレーダーのメリット・デメリット
  3. プロップトレーダーを目指すなら

について解説していきます。ぜひ最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

プロップトレーダーとは

プロップトレーダーとは、簡単に言えば「FX業者お抱えのプロトレーダー」のことを指します。

プロップトレーダーにも大きく分けて2種類あり

  • 銀行や証券会社などの金融機関でトレーダーをしている
  • プロップファームと呼ばれる金融会社でトレーダーをしている

と分かれていますが、ここでは後者を指します。(前者は投資家などの資金を運用するが、後者は会社の自己資金だけを使って運用するという違いがある。)

 

プロップトレーダーは会社の資本を運用して利益を得ることが仕事です。そのため会社の資本を預けても良いと思われるくらいのトレード力を要求されます。

そのためプロップトレーダーになるためには会社側が規定する認定試験を突破する必要があります。難易度は会社ごとによって様々です。

  1. 収益や勝率を追求したトレード手法の確立
  2. トレーダーとして必要なメンタルコントロール力
  3. 資金管理力・リスクコントロール

能力を数値化することは難しいですが、こういった力が必要とされます。

プロップトレーダーのメリット

まずプロップトレーダーになることのメリットについてですが、大きく分けて3つあります。

  1. 潤沢な資金量でトレードを行うことができる
  2. トレードのスキルは様々なところで使える
  3. 発生した損失は会社側が負担してくれる

潤沢な資金量でトレードを行える

一番のメリットと言えるのが潤沢な資金量でトレードを行えるということです。自己資本では用意することのできない金額を会社側が用意してくれます。

例えば筆者が利用しているFintokeiでは、最大で5000万円の取引用資金を用意してくれます。初心者向けの少額プランでも200万円の資金を用意してくれます。

 

資金量が多いということは投資の世界では絶対的な強さを誇ります。

  • 資金量が多い分ポジションを多く持てる
  • ポジション量を調整すればリスク管理を徹底することができる
  • 多少の値動きによるロスカットの恐怖は無い(ハイレバトレードなど)
  • 資金量が多いためメンタルが安定しやすい

こういったメリットがあるわけです。筆者はハイレバトレードで酸いも甘いも経験しましたがポジションの取り方1つでギャンブル的なトレードになりがちでした。

 

もし5000万を運用することができれば月利1%でも50万円の利益ですので、FXの世界でよく言われている「資金量が多い方が有利」という言葉を体感できるでしょう。

FXをやるうえでネックになる資金量の不安がある方は、まずプロップトレーダーになることを目指しても良いと思います。

トレードのスキルは様々なところで使える

プロップトレーダーになることができるということは、トレードの世界で安定的に利益を積み上げるだけの力を持っていることに繋がります。

  • 証券会社・金融系のプロップトレーダーへの転向
  • 自己資本を使ってトレードを行う際にもスキルが使える
  • トレード手法などの提供・販売の際に証明として使える

転職・転向や自己資本を使ったトレード、トレード手法などの販売などの際に使えるのでプロップトレーダーになることができればトレードスキルの証明として使えます。

※発生した損失は会社側が負担してくれる

プロップトレードで提供される資本は、全て運用している会社の資本なので発生した損失は会社側が全部負担してくれます。

※プロップトレードに挑戦する際の金額などは自分で払う必要があります。加えて運営会社によっては自己資本を担保にするところもあるので注意しましょう。

 

ちなみに筆者がメインで利用しているFintokeiについてはチャレンジ挑戦料さえ払えばあとは全て会社資本でトレードを行うことができます。最悪の場合の損失も最小限です。

プロップトレーダーのデメリット

一方でプロップトレーダーのデメリットも大きく分けて3つあります。

  1. 認定試験を突破する必要がある
  2. 利益の一部は手数料で持ってかれる
  3. 日本語対応してるプロップファームが少ない

認定試験を突破する必要がある

プロップトレーダーになるうえで一番のデメリットは認定試験を突破する必要があることでしょう。

難易度は会社によって様々ですが認定試験の基本的なルールとしては

  • 一定期間内に(日数制限がない所もあり)
  • 一定の利益割合を達成する(原資の○%などが多い)
  • ※一定の損失を出したら失格(これも原資の○%など)

と言うのが多いです。

 

ちなみにこの中で一番難易度が高いのは「一定期間内」と言うところ。例えば「30日以内に原資の8%を達成」であれば、月利8%を目指さなくてはいけません。

日数制限があるだけでチャレンジの達成難易度は極めて高くなるので、できれば日数制限がない所を選ぶことをおすすめします。

Fintokeiはチャレンジに日数制限を定めていましたが、このたび撤廃されました。

利益の一部は手数料で持ってかれる

プロップトレードは会社の資本を運用するため、会社の運営資金を確保するために利益の一部は手数料として徴収されます。

手数料については会社によって様々ですが、大体20~50%程度で設定しているところが多いです。自己資本でのトレードなら手数料は無いのでこういう所を嫌う人も多いです。

 

ただ手数料があるとはいえ一般人では用意できない資本を用意できるわけですから、そこから得られる利益額を考えれば手数料は妥当だと思います。

しかし手数料で50%以上取る場合はかなりの暴利の可能性があるので避けるのが無難です。

日本語対応しているプロップファームが少ない

最後はデメリットと言うわけではないのですが、日本語対応しているプロップファームがまだまだ少ないという点です。

海外にはそこそこ多くのプロップファームがありますが、当然全て英語なので契約書なども全て英語で対応しなければなりません。DeepLには限界があります。

 

現在筆者が知っている限りで日本語対応してくれているプロップファームは

  • Fintokei(筆者がメインで使っているところ)
  • Turn Trading(トレーダーのスキル養成塾みたいなもの)
  • Axi Selecct(海外FXのAxiが始めたプロップトレーダー養成ファーム)

の3つです。今後日本語対応してくれるプロップファームが拡大してくれることを望みます!

Fintokeiの始め方

それでは実際にFintokeiの始め方について解説していきます。登録自体は5分あればできますし、取引口座開設も10分あればできるのでサクッと登録しちゃいましょう!

  1. Fintokei公式ページにアクセスする
  2. Fintokeiでマイページを開設する
  3. Fintokeiで資金口座を開設する
  4. MT4・MT5をダウンロードする
  5. メールからIDとパスワードを確認する

 

まずFintokeiの公式ページにアクセスします。以下の画像のように右上にある「ログイン」の部分をクリックしてマイページの作成に移ります。

 

ログインをクリックすると、新規アカウントの開設ができるようになります。

左の画像の部分をクリックすると、右の画像が表示されるので

  • 氏名(クレジットカードと同じ名前)
  • ユーザー名(ニックネームのようなもの)
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住国
  • 作りたいトライアル口座(何でもOK)

上記の6項目を入力して、アカウントを作成します。アカウント作成後はそのままログインができるようになるのでログインを行いましょう。

 

マイページにログインができるようになったら、画像にある「プラン購入」をクリックします。

プラン購入画面ではそれぞれの項目で

  • ご購入タイプ(ProtraderではなくSwiftTraderを選択)
  • 通貨
  • プラットフォーム(MT4・MT5)
  • チャレンジの選択
  • 個人情報(住所・氏名)
  • クーポンコード

を入力して支払いの手続きをします。

※クーポンコード「FINTOK00AX」使用で20%OFFで挑戦可能!

 

※ぼかしは全てプライバシー部分なのでご了承下さい。

 

支払いはVISA・mastercardの2強ブランドが使えるほか、ApplePay・GooglePayの両方が使用できます。銀行送金はできないのでご注意ください。

 

ここまで完了したら、次に対応するプラットフォームのダウンロードをします。

マイページ上部にあるダウンロードをクリックして、必要なプラットフォームを選択します。

 

ダウンロードが完了すると、登録したメールアドレスに購入したチャレンジ口座へのログインID・パスワードが発行されるので、それをチェックしてログインしましょう。

※ログイン情報はぼかしていますがご了承ください。

これでFintokeiへのチャレンジに挑戦できるようになります。お疲れさまでした!

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)で目指すプロップトレーダー」について徹底解説しました。

  • プロップトレーダーは会社の資本を使って運用する会社お抱えのトレーダー
  • 認定試験の合格や手数料などのネックもあるが、自己資本では用意できない金額で安定したトレードをおこなうことができるメリットがある。

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTOK00AX」使用で20%OFFで挑戦可能!

スポンサーリンク
Fintokei フィントケイ プロップトレーダー 
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: