【凍結を防ぐ】Fintokei(フィントケイ)で注意したいナンピン・マーチンについて解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・FIntokeiのトレード注意点について知りたい!
・ナンピンやマーチンについて知っておきたい!
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。
本記事は「Fintokei(フィントケイ)で注意したいナンピン・マーチンについて解説します」という記事となります
  • Fintokeiトレードで気を付けたいナンピン・マーチンの注意点について

知名度が少ないFintokeiですが、今後伸びてくるのではないかと考えている運営会社です。これからFXを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

Fintokeiで気を付けたいナンピン・マーチンについて

Fintokei フィントケイ 禁止 ナンピン マーチン

Fintokeiではスキャルピングやデイトレード・スイングトレードなどトレードのスタイルに関してそこまで制限を掛けていません。

そのため自分のスタイルに合わせて安定的なトレードを目指すことが可能です。筆者もハイレバトレードでやらかしてから安定スタイルに切り替えて合格しました。

 

しかしFintokeiでは一部の取引手法に対して制限を掛けています。この制限に違反すると最悪の場合口座凍結を受ける可能性があります。

この記事では、禁止されているトレードスタイルでトレーダーが意図せずやってしまう可能性がある「ナンピン・マーチン」について解説していきます。

  1. Fintokeiで禁止されているマーチンゲール法とは?
  2. FintokeiでOKとされているトレードスタイル
  3. ※EAを用いた場合でもマーチンは禁止なので注意

Fintokeiで禁止されているマーチンゲール法とは?

Fintokeiで禁止されているトレードはいくつかありますが、その中でも我々トレーダーが無意識で行ってしまう可能性があるのが以下の2つです。

  • ティックススキャルピング(30秒以内の利確・損切り)
  • マーチンゲール

 

マーチンゲールとはトレードで負けた際にポジション・取引量を倍々にしていくことで取引する資産管理法のことです。理論上は負けないスタイルとされています。

またマーチンゲールには大きく分けて2つのスタイルがあります。

  1. 損失を解消して再度ポジションを取るマーチンゲール法
  2. 損失を解消せずポジションを積み増しするナンピンマーチン法

後述しますが、Fintokeiで禁止されているのは後者のナンピンマーチンタイプです。ポジションを解消していればマーチンゲールはOKなので注意しましょう。

 

加えて注意したいのは「疑似的なナンピンマーチン」です。lot数を増やすのではなくポジションを発注するタイミングを変えることで疑似的にマーチンをする方法です。

こちらに関してもFintokei側で禁止をしているので、注意しましょう。(この判断はFintokei側で判断されるので、時間を空ければOKという訳ではないのです。)

FintokeiでOKとされているトレードスタイル

比較してFintokeiでOKとされているトレードスタイルについて解説していきます。Fintokei側が公表している許可しているトレードスタイルは以下の通りです。

  1. ピラミッディング
  2. 同lot以下のナンピン
  3. ポジション解消後のマーチンゲール
  4. 別銘柄での疑似的なマーチンゲール

ピラミッディング

ポジションが含み損を抱えている状態でのナンピンマーチンは禁止ですが、ポジションが含み益を抱えている状態でのlotの張り増しはOKです。

これはピラミッディングと呼ばれるトレードスタイルです。ポジションを張り増しすることでトレンドに乗っかった場合に利益を二次関数ばりに増やすことが可能です。

 

一方でレンジ相場に弱いことや、逆行した際に一気に損失がかさむ場合があるという点に注意しましょう。

ピラミッディングを前提にする場合は最初のエントリーlotを少なめにするなど、リスク管理をちゃんとすることが何よりも大事です。

同lot以下のナンピン

ナンピンマーチンのようにlot数を増やすことなく、同lot以下のナンピンであればOKです。仮に最初に所持したポジションが1lotであれば、1lot以下の発注であればOKです。

 

ナンピンは正しく使うことができればかなり強い武器になります。実際EAでもナンピンを用いたツールがたくさんありますし…。

  • 平均取得単価を下げるため、損益分岐点が近づく
  • 天井・底値でもエントリーができるためトレードタイミングを考えなくてOK

ただし含み損が一気に加速する可能性もあるので、ナンピンを前提にトレードするのであれば最初のポジション量はかなり少な目にすることをおすすめします。

ポジション解消後のマーチンゲール

先述した通り、含み損が発生した場合に一度ポジションを解決して再度倍のポジションを張ることはOKです。

資金量が潤沢であるFintokeiであればどっかで利益を爆発させる可能性もあるため、チャレンジ代金をいとわないのであれば、勝負するのも1つの手だと思います。

※ただし最高額のエメラルドプランは約25万円なので、しくじるとかなり痛い損失になります。

別銘柄での疑似的なマーチンゲール

含み損が発生している通貨ペア以外で疑似的にマーチンゲールをするのはOKです。例えば同じ円建ての通貨ペアなど、トレンドの方向性が同じ場合に使えます。

逆にドル円とゴールドなどの逆相関が発生しやすい通貨ペア同士だと、マーチンゲールにならないので注意しましょう。

EAを用いた場合でもマーチンゲールは禁止なので注意

なお追加の注意点ですが、EAを用いた場合でもマーチンゲールは禁止なので注意してください。

EAを作成・購入する際にはマーチンタイプを使用しないようにしましょう。通常のナンピン型であれば問題なく使用できます。

【自動売買】Fintokei(フィントケイ)でEAを用いたトレードを行うメリット・注意点を解説

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

まとめ

今回は「Fintokei(フィントケイ)で注意したいナンピン・マーチン」について徹底解説しました。

  • Fintokeiではナンピンマーチンは禁止されている(ポジション解消後のマーチンやlot数を変動させないナンピンのみならOK)

2023年秋ごろから一気に名前が知られ始めた、トレーダー発掘を目的にした運営会社の「Fintokei(フィントケイ)」。筆者はプロトレーダーを目指すなら利用価値があると考えています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。ありがとうございました!

 

↓Fintokei(フィントケイ)を始めるならこちらをチェック↓

  1. Fintokeiの始め方について(無料トライアル編)
  2. Fintokeiの始め方について(Fintokeiチャレンジ編)
  3. Fintokeiのチャレンジ料金プランについて
  4. Fintokeiチャレンジをお得にできるクーポン
  5. Fintokeitチャレンジのルールについて
  6. Fintokeiのスプレッドについてレバレッジについて
  7. Fintokeiの禁止事項について

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※FX初心者にFintokei(フィントケイ)をおすすめする理由(リンクは全て解説記事)
  1. 最大で5000万円の資金を動かすことが可能
  2. リスクを限定的にしてトレードができる(チャレンジごとに購入する)
  3. 利益分配率80%(プロップトレードにしては高め)
  4. プロトレーダー達成難易度はやや優しい~平均的
  5. プロトレーダー認定が無くてもプロップトレードは可能
  6. プロトレーダー達成までの時間制限なし

トレードのスキルを磨きたいけど、資金が少なくてトレード利益が少ないという方はFintokeiを使うことで利益の大幅増加を狙えます。

プロトレーダー達成難易度も平均的なので、トレードを副業にしたい・専業にしたいと考えている方はおすすめです。

Fintokei(フィントケイ)
5.00

トレードで利益を稼げるようになりたいと考えているなら「Fintokei」。大きな資金を動かせるようになる他、プロトレーダーに認定されれば利益の80%をもらうことが可能。初心者は勉強を兼ねて無料トライアルから始めてみるのがおすすめ。

※クーポンコード「FINTO10KEI」入力で10%OFF!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: