E8Market E8 取引環境 スプレッド レバレッジ プラットフォーム

【レバレッジ・スプレッド】E8Marketの取引環境について詳しく解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・E8Marketの取引環境について知りたい!
・スプレッドやレバレッジは実際の所どうなの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年から日本市場でも人気になり始めた「プロップトレード」と言うトレード形態。日本では「Fintokei」が1強ですが、海外に目を向けるとたくさんのプロップファームがあります。
今後日本市場で人気になるだろう海外プロップファームについて詳しく解説していきます!

 

本記事は「E8Marketの取引環境について徹底解説します!」という記事となります
  • E8Marketの取引環境について
  • E8Marketのスプレッド・レバレッジについて

当ブログのプロップファームカテゴリでは、様々なプロップファームについて解説しています。ぜひチェックしてみて下さいね!

 

※プロップトレーダーに「E8Market」をおすすめする理由
  1. プロップファームの中でも高い安全性(Trustpilotの評価が高い)
  2. 自分でチャレンジプランの内容を細かく設定することができる
  3. 取引手数料0(スプレッドだけでトレードを完結できる)
  4. ペイアウトスパンが早め(8日)

自分に最も適した挑戦方法を、自分で組むことができるのがE8Marketの最大の特徴です。自分なりのプランを作成して、合格を目指していくならE8Marketはおすすめ!

E8Market
4.00

海外プロップファームの中でも、チャレンジの自由度に重きを置いているのが「E8Market」。チャレンジ達成条件と、チャレンジ代を上手く調整して、自分なりのプランで挑戦ができます。Trustpilotの評価も4.7なので安全性も高めです。

E8Marketのプラットフォーム・スプレッド・レバレッジ

海外プロップファームを利用する上で、取引が快適にできるかどうかは非常に大切です。使いやすいプラットフォームを利用しましょう。

 

また実際に取引をする上で気を付けておきたいのがスプレッドとレバレッジです。

  • スプレッドが低ければ、スキャルピングを始めとしてトレード回数を増やせる
  • レバレッジが高ければ、取引lot数を上げることが可能

先述したプラットフォームに加えて、スプレッド・レバレッジの3つを解説していきます。E8Marketを利用する場合は必ず一度目を通しておくようにしましょう!

E8Marketのプラットフォームは2つ

E8Marketで提供しているプラットフォームは現在以下の2つです。

  • Platform 5
  • Match Trader

後者のMatchTraderはFundingPipsなど大手の海外プロップファームでも利用されています。(ただMT4やMT5より使いにくい印象)

ただトレードできる基本的な環境はちゃんと整えられているので、その不安に関しては気にすることはありません。慣れる必要はありますが…。

 

※Platform5についてはE8Marketで初めて見たプロップファームなので、UIなどは分かっていません。もし知っている方いらっしゃいましたらコメントください。

E8Marketのスプレッド

※E8では口座購入に際しKYCを通す必要がありますが、筆者はマイナンバーが弾かれており利用できていません。

今後利用ができるようになったらすぐにこの部分を更新していきます。あらかじめご了承下さい。

 

なおE8Marketは取引手数料がかかりません。一般的なプロップファームでは取引手数料が発生しますがこの点はE8が優れている点です。

  • スキャルピングなどで手数料負けが発生しにくい
  • スプレッドだけ考えればいいので、トレードの際のリスク計算が簡単

こういったメリットがあるので、取引手数料ありのトレードに慣れていない方はE8Marketもおすすめですよ!

E8Marketのレバレッジ

次にE8Marketのレバレッジについてですが、これは最大50倍と設定されています。どの商品に関しても全て50倍です。(ただし仮想通貨のみ5倍)

ただしゴールドなどはトレードできないので、業界では珍しい貴金属ハイレバ50倍トレードはできませんのでその点はご注意ください。

E8Marketの始め方

それでは実際にE8Marketを始める方法について解説します。登録は5分あれば完了しますし、口座開設は15分あればすぐにできます!

※後述しますが、本人確認の際にマイナンバーが通らなかったことで筆者は現在利用できていません。運転免許証かパスポートの所持が必要です。

  • E8Marketの公式ページにアクセスする
  • E8Marketでマイページを作成する
  • プロフィールを完了させておく
  • E8Marketの取引口座を解説する
  • 自分が使うプラットフォームをダウンロード

 

まずE8Marketの公式ページにアクセスします。以下の画像が出てくるので、画像の左下にある「Get Started」をクリックしましょう。

E8Market公式ページはこちらから

 

クリックすると下記の画像が出てくるので、左下の「Sign up」をクリックして、2枚目の画像の部分に「氏名・メールアドレス・国籍・電話番号」を入力しましょう。

※電話番号は国際電話番号なので、海外電話番号記載が必要です。日本電話の場合は+81から始めましょう。(分からなければ君に届けと言う外部サイトを使って調べましょう)

 

登録が完了すると、マイページにログインすることができるようになるのでログインを行いましょう。

次にマイページの右上から「Profile」を選択し、個人情報の登録を行いましょう。加えて登録の際に個人情報が判明するものを用意しましょう。

 

※筆者はマイナンバーカードを利用したかったのですが、マイナンバーは弾かれました。運転免許証かパスポートだと申請は通るみたいです。

※この個人情報欄の入力を完了させないと、チャレンジプランの1つである「2段階突破型」は利用できないです。

 

登録が完了したら、最後にチャレンジ口座の購入を行います。もう一度マイページに戻り、下記の画像の「New account」をクリックします。

 

すると画像のようにチャレンジプランの設定を行うことができます。(プランによっては青線の部分が選択できない場合もある)

  • チャレンジ段階(認証完了しないと2段階は利用できない)
  • プラットフォームの選択
  • 原資額(5k単位で選択が可能)
  • 最大ドローダウン(1%単位で選択可能・日次ドローダウンは最大の半分)
  • 利益分配率(7段階から設定可能)
  • ※ペイアウトオンデマンドの設定(支払いスパンが上がる代わりに取引制限あり)

選択によって右側に表示される支払金額が変わりますので、自分が支払う金額を確認しましょう。

 

加えて個人情報の確認と、クーポンコードの入力、重要事項のチェックして支払いを行います。

※クーポンコードは公式ページに常時約10%OFFが記載されているので必ず利用しましょう。

 

支払いですが、個人情報の認証が完了していないとカードでの支払いは出来ません。仮想通貨での支払いを検討してください。

基本的には一番上を選べばOKです。これで支払いは完了となります。お疲れさまでした!

 

※忘れずにマイページの「Trading Platform」からダウンロードを行うようにしましょう。

E8Market
4.00

海外プロップファームの中でも、チャレンジの自由度に重きを置いているのが「E8Market」。チャレンジ達成条件と、チャレンジ代を上手く調整して、自分なりのプランで挑戦ができます。Trustpilotの評価も4.7なので安全性も高めです。

まとめ

今回は「E8Marketの取引環境について詳しく解説します」という記事でした。

  • E8Marketのプラットフォームは一応使える(MT4・MT5・cTraderは使えない)
  • 取引手数料はかからない+レバレッジは全部50倍(仮想通貨だけ5倍)

自分でプランを設定して挑戦することができるため、プロップファーム初心者から上級者まで挑戦の門戸が大きく開いているプロップファームなのがE8Marketと言えるでしょう。

 

↓E8Marketを始めるならこちらもチェック↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※プロップトレーダーに「E8Market」をおすすめする理由
  1. プロップファームの中でも高い安全性(Trustpilotの評価が高い)
  2. 自分でチャレンジプランの内容を細かく設定することができる
  3. 取引手数料0(スプレッドだけでトレードを完結できる)
  4. ペイアウトスパンが早め(8日)

自分に最も適した挑戦方法を、自分で組むことができるのがE8Marketの最大の特徴です。自分なりのプランを作成して、合格を目指していくならE8Marketはおすすめ!

The5ers
4.00

海外プロップファームの中でも初心者向けの環境と、プロ向けの環境を両方提供しているのが「The5ers」。少額で挑戦できる3段階認証プランと、プロが受け取れる超強力なスケーリング。プロップトレーダーを目指したいならおすすめのプロップファームです。

スポンサーリンク
E8Market E8 取引環境 スプレッド レバレッジ プラットフォーム
最新情報をチェックしよう!
>プロップトレードに挑戦するなら「Fintokei」

プロップトレードに挑戦するなら「Fintokei」

会社から資金を提供してもらい、大きな金額を運用してコツコツ稼ぐプロップトレーダー。これから挑戦したいと考えている方は、日本市場に台頭した「Fintokei」がおすすめ。合格難易度も平均的ながら、最高で5000万円の資金を提供してもらえるチャンス!

CTR IMG
error: