E8Market 禁止ルール 注意事項

【一か八かは禁止】E8Marketの取引ルール・禁止事項について詳しく解説します

↓ぜひぽちっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

 

この記事を読むことで

悩む人
・E8Marketの禁止事項について知りたい!
・禁止されているトレードルールは何があるの?
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます。このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。
2023年から日本市場でも人気になり始めた「プロップトレード」と言うトレード形態。日本では「Fintokei」が1強ですが、海外に目を向けるとたくさんのプロップファームがあります。
今後日本市場で人気になるだろう海外プロップファームについて詳しく解説していきます!

 

本記事は「E8Marketの概要や特徴について徹底解説します!」という記事となります
  • E8Marketの特徴について
  • E8Marketを使うメリットなどについて

当ブログのプロップファームカテゴリでは、様々なプロップファームについて解説しています。ぜひチェックしてみて下さいね!

 

※プロップトレーダーに「E8Market」をおすすめする理由
  1. プロップファームの中でも高い安全性(Trustpilotの評価が高い)
  2. 自分でチャレンジプランの内容を細かく設定することができる
  3. 取引手数料0(スプレッドだけでトレードを完結できる)
  4. ペイアウトスパンが早め(8日)

自分に最も適した挑戦方法を、自分で組むことができるのがE8Marketの最大の特徴です。自分なりのプランを作成して、合格を目指していくならE8Marketはおすすめ!

E8Market
4.00

海外プロップファームの中でも、チャレンジの自由度に重きを置いているのが「E8Market」。チャレンジ達成条件と、チャレンジ代を上手く調整して、自分なりのプランで挑戦ができます。Trustpilotの評価も4.7なので安全性も高めです。

E8Marketの禁止事項・取引ルール

プロップファームは日本・海外問わず一部のトレードに対して禁止としているところが多いです。

  • 経済指標を狙った一撃トレード(The5ersは禁止の場合が多い)
  • 土日のポジション持ち越し(The5ersはOKの場合が多い)
  • 大量のポジション保持など

上記が禁止されている理由には、プロップファームが求めている人材が「安定して稼げるトレーダー」であり、その場限りのトレーダーではないからです。

 

例えば指標を使った2分のトレードだけで利益を上げるというのは、利益率は高いですが安全性と安定性に欠けるというデメリットがあります。

最終的に資金を預かり受けることになるわけですから、不条理に資産を溶かしてしまうようなトレードをするトレーダーは避けるべきでしょう。

 

E8Marketに挑戦する前にこの記事を熟読してから挑戦することを強くおすすめします。

取引ルール・禁止事項について

※一応全てのFAQに目を通して、DEEPLですべて翻訳したのですが抜け漏れがあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

E8Marketで実際に規定されている禁止事項は以下の通りです。

  • 1回のトレードで全額ベットするトレード
  • 他口座・他会社との両建て
  • コピートレード
  • 経済指標発表前後5分間の新規トレード・決済(利益が無効になる)
  • サードパーティのEA

 

大体は他のプロップファームと同じ内容ですが、注意しなければいけないのが最初の部分です。「1回のトレードで全額ベットするトレード」は禁止されています。

よくあるプラン購入後一か八かでハイレバトレードして、速攻で勝利するというトレードはダメってことですね。

 

プロップトレードのメリットは「損失額を限定的にできる」と言う点ですが

  • 損失を限定的にできる分トレードスタイルが雑になる
  • レバレッジが低くても原資量が多いので、暴走トレードが可能
  • 何かやらかしたとしても失うのはチャレンジ代だけ

こういった理由から、プロップトレードと言うルールを逆手にとってトレードをする人が多いという現状があります。

※筆者はこの手法を否定しません。チャレンジ突破するまでは多少はリスクを負うべきですし、リスクを管理するのはプロになってからでいいと思っています。

 

E8Marketではこういったギャンブル的トレードを「All-or-nothing Trading」と題していて、こういったトレードに関しては処罰の対象としています。

※と言ってもどのように確認しているかは分かりませんが、訳の分からない無謀なトレードさえしなければ問題ないかと思います。

 

ちなみにトレードの禁止事項を満たした場合

  • E8Market側で強制的にリスクを2%に制限される
  • 口座の運用停止・トレード禁止

こういった措置を起こされる可能性があるため、無理はせずご注意ください。

まとめ

今回は「E8Marketの取引ルール・禁止事項について詳しく解説します」という記事でした。

  • 禁止事項はいくつかありますが、1回でリスク100%を取るトレードは禁止です。プロップトレードは0か100のトレードで勝つものではないってことですね。

自分でプランを設定して挑戦することができるため、プロップファーム初心者から上級者まで挑戦の門戸が大きく開いているプロップファームなのがE8Marketと言えるでしょう。

 

↓E8Marketを始めるならこちらもチェック↓

※鋭意製作中

 

↓FX初心者の方に向けたおすすめ記事はこちらから↓

  1. FXでぼろ負けした時の対処法
  2. FX初心者が陥りやすいミスについて
  3. FXで勝てるようになるための方法
  4. 知っておきたい「バルサラの破産確率表」について
  5. 知っておきたい正しい「期待値」の積み方について
  6. 初心者にオススメの「プライスアクション」について
  7. 初心者にオススメの「インジケーター」について
  8. FX初心者が月10万円を達成する具体的なプロセス

 

※プロップトレーダーに「E8Market」をおすすめする理由
  1. プロップファームの中でも高い安全性(Trustpilotの評価が高い)
  2. 自分でチャレンジプランの内容を細かく設定することができる
  3. 取引手数料0(スプレッドだけでトレードを完結できる)
  4. ペイアウトスパンが早め(8日)

自分に最も適した挑戦方法を、自分で組むことができるのがE8Marketの最大の特徴です。自分なりのプランを作成して、合格を目指していくならE8Marketはおすすめ!

The5ers
4.00

海外プロップファームの中でも初心者向けの環境と、プロ向けの環境を両方提供しているのが「The5ers」。少額で挑戦できる3段階認証プランと、プロが受け取れる超強力なスケーリング。プロップトレーダーを目指したいならおすすめのプロップファームです。

スポンサーリンク
E8Market 禁止ルール 注意事項
最新情報をチェックしよう!
>プロップトレードに挑戦するなら「Fintokei」

プロップトレードに挑戦するなら「Fintokei」

会社から資金を提供してもらい、大きな金額を運用してコツコツ稼ぐプロップトレーダー。これから挑戦したいと考えている方は、日本市場に台頭した「Fintokei」がおすすめ。合格難易度も平均的ながら、最高で5000万円の資金を提供してもらえるチャンス!

CTR IMG
error: