ボルダリング クライミング コンペ 大会 優勝

【目指せ優勝】ボルダリングコンペで勝つためにやるべきことを徹底解説します!

↓ぜひポチっと応援お願いします!励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ボルダリングへ

 

この記事を読むことで

みりん
・ジムの草コンペで入賞ができない…。
・コンペの成績を上げていきたい…。
という悩みを解決します!

 

当ブログ「ボルトレ!」をご覧いただきありがとうございます!このブログを運営していますみりん@mirin_fxです。

本記事は「ボルダリングコンペで勝つためにやるべきことを徹底解説」という記事になります。

  • 勝つためにできる事前準備
  • 大会本番で気を付けるべきこと

について詳しく解説しているので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

※筆者はボルダリングコンペの参加経験はありますが、大規模大会の優勝経験はありません。(TNFCなど)あらかじめご了承ください。

 

当ブログではボルダリング初心者~中級者の方に向けて、様々な情報を解説しています。

  • ボルダリングを始めたいけど何から始めればいいの?
  • ボルダリングの上達のための知識を手に入れたい!

といった方向けに優良な記事を投稿しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

※ボルダリング上達のためにタンパク質やアミノ酸を摂取するべき理由

  • ボルダリングで損傷した筋肉を修復することで筋力増加につながる
  • あらかじめアミノ酸を摂取しておくことで筋肉痛防止になる
  • 食事の置き換えによって体重管理も容易になる

初心者のうちから筋肉や疲労のケアはきちんとしておくことは大事です。最短でボルダリング上達のために、普段の食事から改善していきましょう!

↓筆者も使っているプロテイン・アミノ酸・食事管理はこちら↓

  • Myprotein(マイプロテイン)
    5



    ボルダリング前のEAA・BCAAやボルダリング後のプロテインを安く手に入れるならマイプロテインがおすすめ。給料日前やぞろ目の日などに積極的にセールを実施しており、50%引きが当たり前。品質も高く運動をする方であればまず選ぶべきプロテイン会社です。

  • ベースブレッド+クッキー
    4.5



    手軽においしくタンパク質を摂取したいなら、BASEFOODがおすすめ。高タンパク質ながらおいしいパン・パスタ・クッキーを展開しており、ビタミン・ミネラルも豊富な商品。固形食なので腹持ちもよく、ボリュームも高め。継続コースなら初回購入20%OFFなので、試すなら今です。

  • NATURECAN(ネイチャーカン)
    4.00



    マイプロテインよりもEAAやBCAA・サプリメント系に明るいのが特徴。EAAを含むフルーツ系の味はマイプロテインよりおいしいと感じます。最近話題になったストレス軽減サプリの「アシュワガンダ」も販売中。少々値が張るので、セール品を狙うのがおすすめです。

ボルダリングコンペで勝つためにやるべきこと

ボルダリング クライミング コンペ 大会 優勝

それでは実際にボルダリングコンペで勝つためにやるべきことについて解説します。大会で意識を変えることで、コンペの勝率を上げることが可能です。

実際筆者はただ惰性で登ることから、事前準備・本番での対策を変えたことによって

  • ボルダリングコンペでの優勝経験(草・小規模)
  • ボルダリングコンペの予選通過経験

を達成することが出来ました。上には上がいるので頑張らなければならないとは感じますが…。

コンペ前の事前準備

実際に筆者がコンペ前に行っている準備を解説します。特に食事の管理などボルダリング外のことをしっかり取り組んでおくことは何よりも大事です。

事前準備を徹底しておくことで、コンペの勝率を上げるだけではなくメンタルを整えられます。

  1. 食事をとる時間は気を付ける(カフェイン)
  2. 時間があれば必ずアップする
  3. シューズはきちんと磨いておく

食事をとる時間は気を付ける

まず最初に気を付けたいことは、食事をとる時間です。一般的に食事をとった2~3時間後に体のエネルギーになるとされています。

そのため体のエネルギーになる炭水化物かつ、消化の悪くないものをコンペの2~3時間前に摂取することが望ましいです。

1日で完結するコンペは早朝から始まることも多いので、そこに合わせて起床時間や食事を考えておくようにしましょう。

 

炭水化物はよほど消化の悪いものでなければ何を食べても大丈夫ですが、おなかを冷やさないためにも冷たい物などは避けた方が無難です。

筆者はコンペ中の行動食やエネルギーになりやすいことから、ゼリー飲料や羊羹をよく好んで摂取しています。

 

ちなみに筆者のコンペの日の1日(予選開始が10時とする)は

  • 朝6:00前に起床して早朝散歩
  • その後食事(おにぎり・バナナ・ウィダーなどを適宜調整)
  • 9:00ごろにカフェイン摂取(運動機能の向上狙い)

という3点は必ず行うようにしています。

時間があれば必ずアップする

もしコンペの前にアップ用の課題を登ることができるのなら、必ず登って体を温めておきましょう。

体が冷え切っている状態でコンペに臨んでも、満足いく動きが出来ませんし最悪の場合怪我につながる可能性があります。

体を動かせない状態でも、指を動かしたりバービージャンプなど場所を取らないようなアップをしましょう。

シューズはきちんと磨いておく

最後になりますが、必ずシューズは磨いておきましょう。靴の摩擦力を回復させることができますしスラブ壁などを登る際にも滑り落ちにくくなります。

強傾斜の壁でもシューズがしっかり引っかかるようになります。シューズを磨くだけで登れる確率が上がるのなら必ずやっておくべきと言えるでしょう。

コンペ本番での対策

さて実際にコンペに参加し、勝つために何ができるのかを考えた時

  1. 時間管理を徹底する
  2. 他人の登り方を必ずチェックする
  3. トライ数を意識した登り方をする

この3つが本当に大切だと考えました。詳しく解説します。

時間管理を徹底する

まず徹底して管理したいのが時間配分。コンペは制限時間があるので登る課題の取捨選択や、課題を切り捨てる勇気も必要になります。

全ての課題をねじ伏せることができる地力があれば問題は無いですが、コンペは地力帯に沿って課題が作られているため、全完登で突破するのはほぼ不可能に近いです。

またコンペの予選と本選で、大会の時間システムは異なるので注意が必要です。

 

まず予選は大体60~90分で10課題前後登る必要があります。自分の最高グレードに近い難易度を登り続けるので結構な体力を消費します。

いろんな課題に挑戦するあまり、最終的に時間が足りなくなることも多いです。

 

こういう問題を可能な限り減らすためにも

  1. 1課題に対してかける時間をあらかじめ決めておく
  2. 自分の得意・苦手を把握し、得意な課題からサクッと完登する
  3. 全体を俯瞰して、課題ごとの難易度を軽くチェックする

などなど…。自分なりにボルダリングコンペでのルールを決めておきましょう。

決勝の時間配分

決勝に関してはベルトコンベア式であることが多く、1課題の時間は4分程度と短く設定されていることが多いです。決勝は登り方をルーティーン化しましょう。

そうすることで、普段と同じメンタルで登ることができるようになります。

 

自分は

  1. 開幕30秒でオブザべとホールドブラッシング
  2. ゾーンが取れなければ取れるまではハイペースで登る
  3. ゾーンが取れれば完登するイメージを持てるまで休憩

この3点をとにかく意識するようにしています。

人によって登り方は異なりますが、自分の登り方を見失わないようにしましょう。

他人の登り方を必ずチェックする

ボルダリングコンペのセッション方式であれば、他人の登りを見ることができます。

絶対に他人の登り方をチェックするようにして下さい。成功でも失敗でもOK。

  • 成功ならその人の登り方を完璧にトレースできれば登れる
  • 失敗ならなぜその人が登れなかったのかをチェックしてから登る

 

当たり前のことですが、ボルダリングコンペで登る課題は完全初見の課題です。自分が持っているムーブの引き出しが多ければ多いほど、有利になります。

じゃあムーブの引き出しが少なかったり、想定していないムーブだった場合は?

 

こういったときに自分の登り方を優先してしまうと、ドツボにはまる可能性があります。

せっかく目の前に見本があるわけですから、積極的にパクるようにしてみましょう。

トライ数を意識した登り方をする

最後になりますが、とにかくトライ数を意識した登り方をしておきましょう。これは優勝というよりも入賞をかけた戦いになる時に大きく影響します。

 

ボルダリングコンペでの順位変動は以下の優先順位によって行われます。

  1. 完登数(課題を登れた本数)
  2. ゾーン獲得数(ゾーンまで登れて、保持することができた本数)
  3. トライ数(課題に何回取り組んだか)

確かにトライ数は順位への影響力としてはそこまで高くないかもしれません。

 

ですが3位決定戦くらいになると、トライ数は結構影響します。

  • 1トライ1トライに対して毎回真剣に登るようにした人
  • すぐ落ちたときに、何も考えずにすぐ登ってしまう人

こうなったときに入賞しやすいのは実は後者だったりします。

 

これはコンペが近くなった際の練習方法としてもおすすめです。自分は普段から1課題3トライまでと決めて練習しています(体力がないとも言う…。)

まとめ

今回は「ボルダリングコンペで勝つためにやるべきこと」について徹底解説しました。

  • 事前準備では食事の時間を意識することや、あらかじめアップをしておくことなどが大事。
  • 本番ではとにかく時間管理を徹底。予選と決勝では管理が異なるので注意。

当ブログでは初心者~中級者に向けたボルダリングに関する解説記事を投稿しています。皆さんのボルダリングライフにお役立てください。

興味があればぜひ他の記事もお読みいただければ嬉しいです。ありがとうございました!

 

↓ボルダリング初心者向けのおすすめ記事はこちら↓

  1. ボルダリングを始めようとしている方へ
  2. ボルダリング始めたばかりで恥ずかしい方へ
  3. ボルダリングやってみたけど筋肉痛がひどい方へ
  4. ボルダリングのグレードについて勉強したい方へ (個人的見解版)
  5. 現在6級クライマーで5級を登ろうとしている方へ
  6. とりあえずそろえておきたいボルダリング道具を探している方へ
  7. ボルダリングシューズの購入を検討している方へ シューズサイズのチェック表
  8. ボルダリングで注意するべきこと
  9. ボルダリングの成長速度を上げたい方へ
  10. 東京都で安く遊べるボルダリングジムを知りたい方へ
  11. ボルダリング用語集

 

↓ボルダリング中級者~向けのおすすめ記事はこちら↓

  1. 現在5級クライマーで4級に挑戦している方へ
  2. ホールドの保持などについて勉強している方へ  ハリボテについて
  3. ボルダリングのトレーニング手法を探している方へ 指トレ編 ムーンボード編
  4. 現在3級クライマーで2級に挑戦している方へ  初段に挑戦している方へ
  5. 体の疲労を取りたい・アミノ酸やプロテインを検討している方へ

 

↓ボルダリングで知っておくといい知識記事はこちらから↓

  1. ボルダリングの消費カロリーについて
  2. ボルダリングで効率よく痩せる方法について
  3. ボルダリングを始める前に知っておくといいこと

 

※初心者こそボルダリング上達のためにタンパク質やアミノ酸を摂取するべき3つの理由

  • ボルダリングで損傷した筋肉を修復することで筋力増加につながる
  • あらかじめアミノ酸を摂取しておくことで筋肉痛防止になる
  • 食事の置き換えによって体重管理も容易になる

初心者のうちから筋肉や疲労のケアはきちんとしておくことは大事です。最短でボルダリングを上達するために、普段の食事を改善・強化しましょう!

↓筆者も使っているプロテイン・アミノ酸・食事管理はこちら↓

  • Myprotein(マイプロテイン)
    5



    ボルダリング前のEAA・BCAAやボルダリング後のプロテインを安く手に入れるならマイプロテインがおすすめ。給料日前やぞろ目の日などに積極的にセールを実施しており、50%引きが当たり前。品質も高く運動をする方であればまず選ぶべきプロテイン会社です。

  • ベースブレッド+クッキー
    4.5



    手軽においしくタンパク質を摂取したいなら、BASEFOODがおすすめ。高タンパク質ながらおいしいパン・パスタ・クッキーを展開しており、ビタミン・ミネラルも豊富な商品。固形食なので腹持ちもよく、ボリュームも高め。継続コースなら初回購入20%OFFなので、試すなら今です。

  • NATURECAN(ネイチャーカン)
    4.00



    マイプロテインよりもEAAやBCAA・サプリメント系に明るいのが特徴。EAAを含むフルーツ系の味はマイプロテインよりおいしいと感じます。最近話題になったストレス軽減サプリの「アシュワガンダ」も販売中。少々値が張るので、セール品を狙うのがおすすめです。

副業でボルダリング代を稼ぎませんか?

ボルダリングをこれから始めようとする方~すでに始めている皆さん。ボルダリングライフ楽しんでいますか?

ボルダリングは初期費用が比較的安価ではありますが、それでも

  • ボルダリングシューズ代 約20000円弱(1年~1年半くらいで買い替え)
  • ボルダリングチョーク代 約5000円位(液体・粉チョーク両方・大体3か月~半年くらいで買い替え)
  • ボルダリングウェア代  ピンキリ(ノースフェイスとかマムートだと高め)
  • ボルダリングジム利用料 1回につき2000円前後(年だと15万円位)

と、利用料がメインですがなかなかの出費がかさむ結果となっています。

 

大体月に10000円前後かかると思いますが、この1万円を毎月副収入で得ることができれば…。

ボルダリングにかける金額を気にせず、心から楽しんで登れると思いませんか?

 

みりんはボルダリング代について、全て副業から得られる収入で賄っています。

  • ブログ(月に数千円程度~良くて1万円)
  • 海外FX(月3万円目標。現在達成継続中)

という感じです。この中でボルダリングをやる皆さんが挑戦するべきなのはずばり、海外FXと言えます。

 

皆さんは「FX」という言葉を聞くと「怖い・借金がかさむ・有り金全部溶かした」というマイナスイメージを持たれますか?

確かにFXは難易度が高いとされている副業の1つで、実際に借金を負うリスクがある取引所もあります。

ただし、それは「日本FX」の話。実は海外FXでの借金を負う可能性は0に近いのです。(100%ではないので注意。)

 

海外FXでは「ゼロカット制度」を導入しており、ほぼ100%に近い確率で原資以上の損失は取引会社が対応してくれます。

仮に1万円入金して取引をすれば、1万円以上の損失が発生した場合は全て会社が補填します。

リスクを限定的にしつつ、利益を獲得することが可能である!
ということが可能になります。FX=怖いと考えている人はぜひ海外FXを検討してみませんか?

 

※別に多額の金額を動かす必要はありません。月1万円でも稼げれば初めのうちは御の字です。逆に人生を変えようとして生活費を投入するなどの行為は絶対に避けた方がいいです。

 

ちなみに中の人の実績についてですが

  • 海外FXのExness・XMを使用し、月に3万円程度の収益を安定して稼ぐ
  • 2022年度年間収支ギリ+。実績ではないが2021までFXで大損をする…。

億トレーダーってわけではないですが、月の収益5万円程度であれば経験はたくさんあります。

 

正直言ってFX=危険という考え方はナンセンスです。本業がある社会人であればリスクをコントロールすれば問題ないです。

FXに対して夢を持たず、ほんの少しの収益で満足できるような生活水準を維持することが最も大事なことをみんな知りません。

無茶をせず、リスクを可能な限り減らし、利益だけを追い詰めていく海外FXに挑戦してみましょう!

 

  1. 本業できちんと働き、生活費を稼ぐ
  2. 余剰資金を用意し、少額で取引を行う
  3. 利益を少しづつ出せるようになっていく
  4. 生活費を上げることなく、お金の価値をはき違えないようにする

まずは月1万円からの副業を目指して頑張っていきましょう。

 

※もしFXを始めたいというのであればみりんはExnessを推奨しています。

  1. 最大レバレッジ2000倍かつ条件達成で実質無制限の倍率
  2. 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  3. メイン取引商品はスワップフリーで長期投資可能
  4. 200銘柄以上の豊富な取引商品
  5. 初心者に最強の「ゼロカット制度」搭載済み
  6. サポートデスクは日本語対応

初心者に安心の「ゼロカット制度」を搭載している海外FXです。必要以上のリスクを背負う必要は無くなります。

初心者だからこそ安全性の高い海外FXを選択し、コツコツ稼げるようになってほしいので私はExnessをおすすめします。

Exness(エクスネス)
5

スプレッド0.0pips~・無制限レバレッジ・ゼロカット制度・スワップフリーなど他の業者では見られない最高の環境が提供されています。ライセンス取得による安全性も高いので、最初の取引所として選ぶならExnessが一番おすすめ!

スポンサーリンク
ボルダリング クライミング コンペ 大会 優勝
最新情報をチェックしよう!
>海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXなら「Exness」を選ぶべき理由

海外FXは日本FXに比べて様々なメリットがあります。その中でもExnessでは「ゼロカット制度・無制限レバレッジ・スワップフリー・日本語対応」など少額から始めたい初心者トレーダーにとって最高の環境が用意されています。最初の海外FXは「Exness」から始めよう。

CTR IMG
error: